葬儀の形式

結婚式は、信者でない人でも教会で行なうことがありますが、葬式の形式は家の宗教で決めるものです。

仏式葬儀
危篤=医師から危篤を告げられたとき、家族は最後をみとってもらいたい人や親族などにそのことを知らせる。その範囲は、家族、近親者、特に親しかった人。日ごろあまり親しくしていない親族には臨終の後、あらためて連絡する。
臨終=遺族は次のことをする。末期の水(最も血のつながりの濃い肉親から)、湯かん(今はぬるま湯で清めず、アルコールで遺体をふくのが一般的。北枕にして寝かせる)、死に化粧、死に装束を死者に着せる(気をつけなければならないのは、普段とは逆に左前にする。)、葬儀社へ連絡、関係者へ死亡の通知。
枕飾り=枕屏風を逆さにして立て、焼香台を置いて白い布をかけ、1本花、香炉、燭台、水、仏供、団子などを供え、故人が愛用していた茶碗にご飯を丸く盛りあげ、箸をその真中に垂直に突き立てる等の配備をすること。これらの用意をした後、僧侶を呼んで枕経を唱えてもらう。
通夜の準備。
納棺=戒名をもらう。遺族は、焼香、弔問客に通夜ぶるまいをする。
葬儀=葬儀出席。遺族や近親者、世話役代表、葬儀委員長などは正喪服。
告別式=遺族は会葬者に目札。または、おくやみのあいさつを受ける。
出棺=最後の対面後、棺に小石でくぎを打つ。喪主か親族代表が会葬者にあいさつをする。
納めの式=かまどの前で、全員が最後の焼香、納めの経。
骨あげ=2人1組で行なう。
骨迎え=家にはいる前に清めの塩、遺骨を祭壇に安置、読経、焼香。
精進おとし=葬儀関係者に感謝慰労の宴を開く。喪主、遺族は末席。
納骨・埋葬=四十九日の忌明の法要後、納骨、埋葬することが多い。
法要=初七日〜四十九日の忌明けの法要を行ない、形見分け、香典返しをする。

神式葬儀
危篤=仏式と同じ。
臨終=遺体の処理、安置の方法は仏式に準ずる。死に装束は白い小袖。
枕直しの儀=仏式の枕飾り。
帰幽奉告=家の神棚(守神)と近くの神社(氏神)に死去の報告をする。
納棺の儀=納棺し、手水と拝礼を行なう。遺体は嬪室に安置する。祭壇に遺影、刀、洗い米を供える。
通夜際・遷霊祭=通夜祭でも、玉串奉奠と拝礼を行う。遷霊祭では、仮霊社を用意する。
葬場祭の儀=玉串奉奠を行なう。
出棺祭=遺体と最後の対面を行なう。血縁の近い順にくぎ打ちを行なう。
後祓いの儀=神職者に、身についた死者のけがれを清めてもらう。
火葬祭・骨あげ=手水、玉串奉奠拝礼、骨あげは仏式に準ずる。
帰家祭=新しくつくった祭壇の前で玉串奉奠を行なう。手伝ってもらった人達のために慰労の宴をもよおす。
神式霊祭=仏式の場合の法要にあたる。(10日目ごとに五十日祭まで)、以後一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、その後は10年ごとに行なう。
納骨・埋葬祭=五十日祭ごろを目安にして行なう。

キリスト教式葬儀
危篤=牧師・神父を呼ぶ。近親者へ、血縁の濃い順から連絡。
臨終=遺体の清め方は仏式に準じる。枕もとへ十字架、ろうそく。
納棺=牧師・神父を呼んで聖歌合唱と聖書の朗読。
前夜式(通知)=聖歌合唱、祈り、献花を行なう。カトリック、プロテスタントを問わず、単なる知人という程度であれば、遺族に面接しないで、弔問の名刺を置いてくるだけでよい。
葬儀=祈りのことば、聖歌。式次第をプリントして参列者に配布する。会葬者は定刻10分前に着席、祈り、聖歌合唱、献花などを行なう。
出棺=出棺の祈りをして送りだす。
火葬前祭(カトリック)、火葬前式(プロテスタント)=花や十字架を持参、祈り、合唱を行なう。
納骨・埋葬=司祭の祈り、聖歌合唱。
追悼ミサ=プロテスタントではふつう、亡くなってから数年間は、1年ごとの命日に教会で記念会を催す。身内の者が主体となることもあり、故人の友人の発起で催されることもある。記念会では、故人の好きだった賛美歌を合唱したり、聖書の一節を誦したりして追悼にいたる。カトリックでは、亡くなった日から数えて3日、7日、30日に、その後は1年ごとに追悼ミサが行なわれる。しかし、一般家庭では祭壇を設けず、故人の写真を飾る程度です。キリスト教の墓参りは11月2日にすることが多いです。故人の命日にお墓参りするのは仏式と変わらないが、日本のお彼岸に当る日が11月2日の万霊節だからです。この日の前日、または前々日に墓の掃除をしておき、当日は喪服を着て花をもってお墓参りします。花は菊が多いようです。教会でミサをあげてもらったときは、仏式のお布施に当るお札を渡す。このお金は故人の供養のためのものではなく、寄付の意味をもつものから、額は各人の自由になります。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク