お墓の購入

墓所の購入は一般の土地の購入とは異なり、その墓所の永代使用権を取得するというものだからです。永代使用権しは、子孫などがその墓所を継承する限りにおいて使用権が連続するというもので、継承者のいない墓所は、法律に定められた手続きによつて墓地経営者に戻されます。最近では期限付きの墓所もあり、それらの多くは契約期間を過ぎたら無縁化しないように納骨堂や永代供養墓に合祀されることになっています。よい墓所を求めるには情報収集が大切です。広告や情報誌、パンフレット類を集めてよく検討します。予算や希望の場所がある程度決まったら墓所販売の窓口になっている石材店などに相談しましょう。民間霊園などでは霊園見学会を行なっている場合もあるので、こうした見学会などに参加して現地を実際に見て確認することも重要です。墓所は緑に囲まれ、静寂で陽当たりの良い場所にあるのが理想的です。霊園の中には斜面に作られているものもある。こうした場合には斜面の傾斜なども考慮に入れる必要があります。重要なのはお墓参りのしやすい環境にあることです。立地条件としてお墓参り行きやすい場所を優先するなら交通の便が良く、なるべく近いところにあることが望ましい。しかし、静寂とか自然環境を求めるなら都市の中心部にあることが一概には良いとは言えません。何を重視して選ぶか、便利さか環境か。十分に考えてから購入することが大切です。墓地・霊園の管理体制や設備も、墓所購入の際にチェックしておくべき重要なポイントです。水汲み場は使いやすいように用意されているか、共用部分の通路などはきちんと清掃されているかなどです。自家用車でお墓参りに行くなら駐車場が十分に確保されているかどうかもチェックしておく必要があります。墓所を確保したら次ぎは墓石の購入になります。ある程度の予算が決まったら、石材店などに見積もりを依頼する。民間霊園や寺院墓地では石材店が指定されている場合が多いので、その場合は指定店に見積もりを依頼することになります。そして、見積もりと予算を勘案し、墓石の材質や加工法などを調整していくことになります。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク