香典返し

仏式では、ふつう七七忌(四十九日)に法要を営み、忌明けのあいさつを添えて香典返しをする。五七忌(三十五日)でする家もあるが、どちらでもよい。神式なら三十日祭か五十日祭、キリスト教では定めがないので、1、2週間過ぎたところでする。多少遅れてもよいが、その時期より早くしてはいけないとされています。香典返しは、一家の主人が亡くなったときは、心ばかりですませ、妻や子の場合は多めにする。多くても、もらった金額の2分の1以下でよい。その品物は、ふろしき、シーツ、タオル、白木綿、白絹、漆器、陶器、茶、砂糖、菓子、石鹸などの生活必需品がふつうである。もらった金額を3、4段に分けて品選びする家庭も多いですが、一律に同じ物を返すのも1つの方法です。香典返しのおもてには「志」か「忌明」と書いて黒白の水引きをかける。一般にはデパートなどから直送しますが、特に世話になった人には、持って行った方が良いでしょう。香典返しを受けたほうは、礼状を出さないのが作法です。しかし、葬儀前後のあわただしさを過ぎて、遺族は、しみじみと寂しさを味わっていたころ、あたたかい心で慰めの手紙を書くか、訪問して力づけてあげるのも良いでしょう。忌明けのあいさつ状は、ふつう奉書に墨で書いたものを印刷し、宛名を書き、さらに奉書の封筒に入れる。文例はデパートなどでも用意されていますが、できればその人らしい礼状をつくりたいものです。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク