戒名

戒名を死者に贈られる名前だと考えている方も方も多いようですが、本来は生きているうちに、仏の弟子になった証としてつけるものです。仏道修行へ入り戒律を守ることを誓った出家者だけに贈られるものであり、一般の人にとっては条件が厳しいためなかなか授かることができなかった。現在では、儀式を受けたり、一定の講習に参加すれば授けられるようになっている。戒名の本来の意味からすれば、葬式後の時につけられる戒名は例外的なものです。生前に戒名をもらうことができなかったので、死んでから、なんとか仏の弟子にしてもらったといういうことです。宗派によっては戒名と呼ばない場合もあり、浄土真宗には戒名はない。仏弟子になるためには「おかみそり」という儀式を経て「法名」を授かる。戒名や法名は2文字で表される。位牌を見ると2文字だけでなく、多くの漢字が書いてあることが多いが、2文字以外は正確に言えば戒名ではなく、位牌に書いてある文字のうち戒名以外のものは、院号や院殿号、道号、位号などです。院号や院殿号は、生前に一寺を建立するとか、社会的に高い貢献をした場合に贈られるものです。本来は高額な戒名料を払ったから付けてもらえるというものではありませんでした。道号は戒名の上に付けられるもので、俳号などと同じようなもう1つの名前です。位号は戒名の下に付けられるもので、「居士」とか「信士」「大姉」「信女」という文字のことになります。性別や年齢などによっても違ってきます。一般的に高額な戒名料を払うと良い戒名が思われていますが、良い戒名だと成仏できて、良くない戒名だと成仏できないなどということはありません。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク