法要

葬儀から四十九日の忌明法要の日までを中陰、または忌中と呼びます。遺族はこの日まで結婚式などの祝い事への出席はさけるようにとされてきました。この期間に営まれる法要を忌中法要といい、初七日法要からはじまって、14日目の二七日(ふたなのか)法要、21日目の三七日(みなのか)法要と、7日おきに続く。そして四十九日の七七日(なななのか)法要まで、合計7回の法要を行なう。しかし、現在では途中の法要は省略されることが多い。初七日法要も葬儀当日に営まれることが多くなってきているようです。忌明法要は原則的には命日から49日目に行なうものですが、最近では、四十九日の直前の日曜日など、関係者が集まりやすい日を選んで執り行われることが多いです。香典返しは忌明法要の後に、忌明けの挨拶を兼ねて送る地方と、葬儀の当日に会葬者に渡す地方とがある。葬式の当日に渡す事を「即返し」とか「その場返し」「当日返し」などといい、忌明け後に送ることを「忌明け返し」などという。どの程度の額の品を香典返しにするかは、地域によっても違いますが、半返し、あるいは、3分の1返しとなる場合が多いようです。もちろん遺族の社会的立場や経済状態によっても異なってきます。形見分けも、一般的に忌明けの後、あまり日がたたない内に行なうものとされてきました。故人が生前に愛用していたものなどを遺族や親しい人に思い出の印として分け与える。ただ、本人から特別に申し出がない限りは、故人より目上の人には形見分けをしないのが普通です。また形見分けは包装せずに直接手渡すものです。
年忌法要
亡くなった方の祥月命日に営む追善供養の法要が年忌法要(年回忌法要)です。祥月命日とは、亡くなったのと同じ月、同じ日のことをいう。最初の年忌法要は一周忌で、亡くなった年の翌年に営まれる。次が三回忌で、一周忌の翌年にこれから3年目を迎えるという意味で営まれる。以後、命日から数えて満6年目に営まれる七回忌、同じように十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌とつづく。これ以上年忌法要を行なわない、最後の年忌法要を年忌止めというが、これはその地域の習慣や遺族の考え方もあるので一概には言えないが、三十三回忌か、五十回忌で年忌止めとする場合が多いようです。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク