永代供養墓

血縁関係や家といったつながりではなく不特定多数の人と合祀されるお墓の利用者が増えています。こうした墓は永代供養墓と呼ばれることが多いです。そもそもこうしたお墓の必要性が言われはじめたのは、少子化などの理由によって、あらかじめ継承者が居ないことが分かっていたり、将来無縁墓になる可能性が高い例が増えてきたからです。継承者がいないために無縁墓になることが分かっている場合には墓を求めたいと思っていても拒否されるケースも多いです。継承者がいなければ墓所の管理料も支払わず、墓地の経営に支障をきたすことになってしまうからです。そこで継承者不要の墓の登場が望まれることになりました。継承者がいなくても永代にわたって供養される墓です。普通の墓の場合には未来永劫に渡って継承されていくという保証はどこにもない。はじめから継承者のいないことを前提として永代供養が保証されているのが永代供養墓の特徴です。こうした墓は不特定多数者の合祀式である場合が多いので合祀墓と呼ばれる場合もあります。ただこうした墓の供養形式にはさまざまなものがあり、納骨と同時にはじめから他者の遺骨とまとめて合祀し供養する場合もあれば、一定期間は納骨形式の墓に別々に収蔵し供養して、それからは遺骨をまとめて合祀するという場合もある。また、ごく普通の墓に一定期間埋葬した後に、改めて合祀するという場合もある。こうした墓は期限付きの墓として一部の墓地に見られるようになってきています。いずれにしても、永代供養墓は少子化や核家族が進んだという社会的背景や、個人主義の広がり家族形態の変化などの時代の要請によって生まれたものであり、今後もニーズは高まっていくでしょう。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク