厄除け

厄年に悪いことが起きるというのか迷信ですが、厄年の頃は年齢的に生活習慣病などを発症しやすい時期だという指摘もあります。生活習慣病なら個人差が大きいだろうと思えますが、厄年にあたる人は、年の始めに神社仏閣で厄除けをしてもらうという風習は昔から続いています。男性の厄年は、数え年で、25歳、42歳、61歳で、女性は19歳、33歳、37歳となっています。中でも男性の42歳と女性の33歳は大厄と呼ばれ、その前年が前厄、その年が本厄、後年が後厄と呼ばれ3年間続くとされています。厄除けの儀式としては、神社でお祓いをしてもらうか、寺院で護摩を焚いてもらうことになります。神社でお祓いをしてもらった場合のお礼の表書きは「ご祈祷料」、寺院で護摩を焚いてもらった場合むには「御香料」です。「厄落とし」ということで酒席を設け厄払いをする場合もあります。厄を信じるかどうかは別にしても、生活習慣病の対策として、健康診断は受けておいた方が良いでしょう。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク