内祝い・お宮参り

内祝いは、生後1ヶ月後に行なうお宮参りの頃に、赤ちゃんの名前でお祝を贈るものです。本来、内祝いは内輪の喜びの福を分けるために行なうもので、出産祝いを頂いたどうかは関係なく、出産の知らせをした方全員へ贈るものでした。しかし、現在では出産祝いに対しての御返しという意味に変化しています。これは、出産祝いを頂いていない人へ内祝いを贈ると、出産祝いの催促をしているかのように受け取られるからというのが理由のようです。内祝いの表書きは、「内祝」で、赤飯や紅白餅、かつお節、紅白砂糖を贈ることが多い、金額の目安としては、頂いた物の半額から3分の1が一般的です。お宮参りは、無事に誕生したことを感謝し、無病息災で成長していくことを祈願するために、氏神様に詣でて祝詞とお祓いを受ける儀式である。お宮参りの時期は、正式には男子の場合で生後30日か31日、女子は31日か32日とされる。地域によっては生後50日であったり100日の場合もある。現在は、厳密に何日目であるかを守る事は少なくなり、だいたい1ヶ月後くらいを目安に、父親も同伴できる休日などを選んで、母子の健康状態も考えて決めることが多いようです。最近では、近くの神社ではなく遠方にある有名な神社でお宮参りする場合もあるようですが、本来は生まれた土地の氏神様詣でるものです。母子の体調に配慮しても、あまり遠方の神社に行く事は好ましくありません。正式には父親の祖母が白い内着を着た赤ちゃんを抱き、その上から出産祝いの祝い着を掛け、母親が付きそう形で詣でるものでしたが、今は父親も同伴のが普通になっており、両家の家族が揃って詣でることも多いようです。神社で祝詞をあげていただき、お祓いをする場合には、予約を入れておいた方が良い。神社へのお礼の表書きは、「初穂料」又は「玉串料」であり、その下に赤ちゃんの名前を書く。お祓を受けずに、神殿でお賽銭をあげて拝礼するだけでもかまわない。お宮参りの帰路に、親戚の家や近所の家に挨拶回りをして、元気な赤ちゃんを見てもらうという風習もあります。挨拶を受ける家では、オモチャのでんでん太鼓や犬張り子、あるいは御祝儀袋などを、祝い着の紐に結び付けて祝う。お宮参りには、生まれて初めて氏神様に詣でて、氏子入りをする儀式という意味もあり、「土産神参り」とも呼ばれる。また古くは、お産を穢れと考えていたことから、穢れを祓うという意味もあったようである。母親が赤ちゃんを抱くのではなく、祖母が抱いてお参りするのは、母親がお産の忌みから明けていないからだとも言われています。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク