七五三

11月15日に、3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が氏神様に詣でて、健康と幸福を祈願する行事が七五三と現在ではなっている。神社で祝詞をあげてお祓いをしてもらう場合のお礼の表向きは、「初穂料」か「御玉串料」で子供の名前と年齢を書く。もともと七五三は、3歳の男女児の「髪置の祝い」5歳の男児の「袴着の祝い」行事、7歳女児の「帯解の祝い」行事、そして今は行なわれなくなったが、9歳男女児の「帯び直しの祝い」として、宮中や公家、武家の間で行なわれていたものが一般化したものです。以前は数え年で祝いましたが、現在は満年齢で祝うほうが多くなっています。お祝を贈る場合の表書きは「御祝」でかまいませんが、昔の風習の名残りとして、3歳なら「御髪置祝」5歳なら「御袴着祝」、7歳なら「御帯解祝」とすることもあります。ただし、七五三は親が子供を祝う行事ですから、身内以外の人が贈り物をする必要はありません。風習としては、実家の両親から孫へ晴着を贈るものであったが、今は和服を着る機会は滅多にないので、入園や入学式に着られるような洋服を贈るか、衣類以外のものを贈ることが一般的になっています。お祝のお返しの必要はありませんが、お返しする場合には表向きは、「内祝」になる。千歳飴を配るのは、お祝のお返しとしてではなく、日頃お世話になっている人に対しての感謝の気持ちとして赤飯などを贈るものです。千歳飴は江戸時代初期に江戸浅草の浅草寺境内で売り出されたのが始りとされています。この飴は長く伸びることから長寿につながるとされ、寿や亀鶴が描かれた袋に年齢の数だけ入れられて贈られるようになりました。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク