お食い初め

子供が将来も食べ物に困らないようにとの願いを込めて行なうのが、お食い初めです。祝う時期は地域によって違いますが、生後百日の祝いとすることが多い。祝いの膳に、尾頭付きの魚や、吸い物、煮物、梅干し、それに赤飯とその上に握り飯を2つのせる。さらに小石をのせた小皿も置く。この小石には「歯固めの石」と呼ばれ、丈夫な歯が生えるようにとの願いが込められています。お食い初めは「歯固め」と呼ばれることもあります。また「箸初め」「箸ぞろえ」とも呼ばれます。二の膳には紅白の餅をのせる。この際に揃える食器は正式には漆塗りか素焼きで、柳の箸であるが、今は離乳食用の食器を用いることも多くなっている。お食い初めは、あくまでも食べさせる真似をするだけの儀式です。近親者で長寿の方に「箸役」あるいは「養い親」と呼ばれる、食べさせ役になってもらい、飯・汁・飯・魚・飯の順序で食べさせる真似を3回繰り替えしてもらい、最後に餅を口に付ける。食べる真似ではあるが、一粒だけは本当に食べさせる。これを「一粒なめ」とか「一粒祝い」と呼ぶ。この時期は離乳食を始める時期なので、近頃では真似事ではなく、実際に食べる食事にして、近親者だけで簡単にお祝をすることも増えています。お食い初めを贈る場合の表書きは「御食初祝」もしくは「御祝」です。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク