お盆

元々、東京などでは、お盆は7月15日を中心に営まれますが、8月15日を中心に、ひと月遅れのお盆をする地域も多いです。お盆休みといえば、一般的には8月の15日近辺にとる休みのことをいう。本来、お盆は7月15日を中心に営まれていましたが、明治以後に8月15日の月遅れの盆が広まった。なぜそういうことになったかと言うと、これには明治になってから採用された新暦(太陽暦)と、それまで使われていた旧暦(太陽暦)との時期のズレが関係しています。新暦の7月15日は、田植えシーズンであり、農家にとっても最も忙しい時期です。この忙しい時期にお盆を迎えるのは農家にとって都合が悪かったのです。そこで農家の人達はお盆をひと月遅らせようとしたのだ。明治の頃は国民の約8割が農家であったため、多くの地域が月後れ盆を採用した。そのため、月後れ盆に移行しなかった地域と月後れ盆に移行した地域ができ、お盆の時期が2回あるということになっているのです。お盆の伝統的な行事として「精霊迎え」があります。どのような行事であるかは、地域による違いが多いため、あくまでも一例です。多くの地域では13日の朝に精霊棚を作る。これは、先祖の霊を迎える場所であり、位牌を安置し、お供え物をする棚です。茄子で作った牛や、胡瓜で作った馬などが乗っている場合もあります。これは先祖の霊が牛に荷を引かせ、馬に乗ってやって来るという言い伝えによるものです。そして、13日の夕方か夜にお墓に先祖の霊を迎えに行く。これが精霊迎えです。この時に霊が迷わずに来られるようにして目印として焚くのが「迎え火」です。その後、先祖の霊を室内に迎え精霊棚に滞在してもらう。こうして、13日から16日まで先祖の霊と一緒に過ごす。盆踊りの解釈については各地でさまざまな言い伝えがあり、お盆に帰って来た先祖の霊と一緒に踊るというものもある。また、霊を慰め、送りだすために踊るというものもある。あるいは、霊が、子供の供養のおかげで成仏できたことを喜び踊るのだというものもある。そして、お盆の終わりには、先祖の霊を送りだす。これを「精霊送り」という。帰りもまた先祖の霊が迷わないように「送り火」を焚く。京都の夏の風物詩として有名な「大文字焼き」も送り火の1つです。また、各地で催される夏の花火大会も、本来は送り火の意味があったと思われる。このように、お盆は仏教の行事でありながら、日本古来の習俗的な霊概念や、先祖崇拝と密接に結びつき、日本の文化に多大な影響を与えて来た行事である。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク