地鎮祭・上棟式・新築祝い

地鎮祭は神道の儀式で、神社の神主にお願いしてお祓いをし祝詞をあげていただく行事である。建築物を新しく建てるにあたって、その土地の神様に建築中の安全を祈る。また、土地の神様を鎮める意味があるとされている。地鎮祭の主催者は施主で、工事関係者も出席して行なわれる。建築現場に四方に竹を立てて、竹と竹の間にしめ縄を張り、中央に祭壇を設ける。そして祭壇には、御神酒、洗米、塩、海の幸、山の幸を供える。これらのお供え物は、施主が用意するのが普通である。式が始ったら出席者は、神主の指示に従って、建築工事中の安全を祈りながら玉串をささげる。儀式が終わってから神主にお礼を渡す。この時の、のし袋は紅白の蝶結びの水引で、表書きは「玉串料」か「初穂料」になる。金額は、その土地の習慣によって違うもので、工務店などの建築工事を行なう業者の方に相談してみるべきである。また、地鎮祭の執行は地元の神社に頼むのが普通だが、どこに頼んで良いのかわからない場合も、工務店に相談すれば紹介してくれるはずです。式の準備や進行の手順についても相談すれば教えてくれます。上棟式は「建前」「棟上げ」とも呼ばれる。建築物の柱が建ち、梁ができ、骨組みが完成した後に、工事が順調に進んだ事を祝って行なわれる。同時に今後の工事の安全も祈る。また、祝宴の席を設けて工事関係者の労をねぎらう意味も大きい。もともとは地鎮祭のように神主を招いて行なうものであったが、今では工事の棟梁が式を取り仕切ることが多い。式の進行としては、まず棟梁が棟木にへい束を立てて破魔矢を飾り、建物の四方に清めの酒、塩、米をまく。その後、施主が挨拶をして、参加者全員で乾杯を行なう。酒宴の最後に、上棟式を取り仕切ってくれた棟梁をはじめ工事関係者に、施主から御祝儀を渡す。のし袋は紅白の蝶結びの水引きで、表書きは「御祝儀」にする。新築祝いの場合は、地鎮祭や上棟式と異なり、一般には宗教的要素はない。建物を建てた人が新しくできた建物を、親しい人に見てもらうために招くのが目的です。見てもらうのが目的なので、できれば明るい時間に招待することが望ましい。建物の中だけ見てもらうなら夜でも良いが、外観や庭なども見てもらうには暗くては困る。新居が完成して家具類の搬入が終わり、片付けが済んだらなるべく早い時期にお招きする。一方、新築祝いに招かれた人は、家の人の案内で新居を見て回る。もちろん勝手にドアを開けたり、覗き込んだりするのは言語道断である。新築祝いの品物はこの時に持参しても良いが、前もって贈ってしまっても良いし、後で贈っても良い。新居では新しい家具や家電製品などが必要になる場合が多いので、どんなものが必要なのかを聞いてみても良い。むろん現金や商品券などを贈っても良い。この場合の、のし袋は紅白の蝶結びの水引きで、表書きは「御新築祝」で良い。新築祝いにライターや灰皿などの火に関係したものは火事を連想するので贈るべきではないとされている。さらには、赤いものは火を連想するので避けた方が良いとも言われている。また、新築祝いの場では「燃える」とか「傾く」「潰れる」などの言葉は使ってはいけないとされてきた。今はあまりそういったことを気にしない人が多くなっていると思われるが、相手がどう思うか気になるなら避けておくに越したことはないでしょう。
間取りガイドドットコム

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク