帯祝い

妊娠5ヶ月目の戌の日に、妊婦が腹帯を巻き安産を祈る儀式が帯祝いである。地域によっては、5ヶ月目ではない場合もある。人生の節目で初めに訪れるお祝が、帯祝いということになる。赤ちゃんはまだ生まれていないが、安産を祈るということは、これから生まれてくる子に対するお祝だとして解釈して良いでしょう。昔は、両家の両親と仲人、それに既婚の近親女性を招いてお祝をした。戌の日に行なうのは、多産でお産の軽い犬にあやかったとされている。腹帯を巻くのは、腹部を安定させ、胎児の位置を正常にするという意味があるとの説もあるが、異論もある。無理がないように腹帯を巻くには、病院で着帯指導を受けるとよい。帯祝いでは、正式には、妊婦の実家から贈られた岩田帯と呼ばれる紅白の絹二筋と、白の木綿一筋を用いて着帯することになっているが、現在ではコルセットを使うことが多くなっている。帯を贈る場合は、奉書に包んで、のしをつける。表むきは、妊婦の親が贈る場合、「祝い帯」か「祝の帯」、他人が贈る場合は「御帯」となる。一般的には、実用品か育児書などを贈る。また、出産などでこれからさまざまな費用がかかることを考慮すれば、現金を贈るのが一番喜ばれるであろう。表向きは「御帯祝」か、「御祝」「寿あるいは「戌」と書く場合もある。帯祝いは、妊婦の負担にならないように、長時間に渡るような祝宴は避ける。身近な人だけ招いて簡単に祝うべであろう。現在では、特に人を招いてのお祝をせず、同居する家族だけで、あるいは夫婦だけで祝うことも多くなっている。両家の両親や仲人の他に、既婚の近親女性を招くという風習があるのは、妊婦が出産についての助言を経験者から聞く機会を持つという意味もあるようです。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク