雛祭り

3月3日が雛祭りと定まったのは徳川も5代将軍綱吉の頃からです。当時の大名の奥などでは等身大の雛を飾ったと伝えられています。その起源にいろいろな説があるが、平安時代の頃、中国の風習にならって、紙で人形をつくり、体をさすって、けがれを移し、川に流したり、焼いたりして厄払いしたという説が一般的です。雛人形の男雛、女雛の飾り方は、昔は必ず男雛を向かって右にしました。ところが、大正天皇の即位の時、中央に天皇の高御座を、その右に皇后の御座を置いたことから。男左、女右が通例となったと言われています。雛飾りは関東と関西では多少違う所があるようですが、標準的な飾り方は、上座に内裏雛、その両側に一対の瓶子、さらにその両横にぼんぼり、後ろに金屏風を立てます。2段目は官女、3段目は五人囃子、4段目は随身を左右に、中央に膳部を据え、5段目に仕丁をおき、両脇におく。雛祭りには白酒がつきもの。室町時代には、3月3日の上巳の節会といい、白酒を桃花酒と呼んで飲む風習があった。これが雛祭りの花とされるようになった。今でも白酒の中に桃の花を入れて飲むところがります。雛祭りのごちそうは、おすしと蛤の吸物が決まりごとになっていますが、蛤は自分のフタでなければ絶対に合わないというところから、女の貞操を教えたものです。蛤の汁、若草の五目蒸しなど、いずれも春らしい献立といえる。雛祭りが過ぎたあと、雛壇が薄ぼこりをかぶっていつまでも飾られているのはだらしないもの。飾り付けは10前でも20日前でもよいが、後片付けはなるべく早くすませる。昔は早くしないと縁談が遅れるといって4日の朝には片付けたそうです。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク