初誕生祝い

日本では「数え年」と言って、正月を迎えるごとに年を重ねる習慣であったので、以前は誕生日を祝うという風習はありませんでした。戦後から欧米の習慣である誕生日ごとに年を取る「満年齢」に変わり、誕生日祝いを行なうようになりました。しかし、初誕生祝いだけは特別で、古来より、初めての誕生日には親族や知人を招いて、ブリやスズキ、ボラなどの出世魚や赤飯を祝い膳として盛大に祝った。初誕生祝いには、各地に興味深い風習がたくさんある。算盤や筆などを置き、赤ちゃんが取る物で将来の職業や才能を占ったり、餅を背負わせて歩かせて強い子に成長するようにと祝ったりする風習は今でも残っています。逆に、餅を背負って歩くと将来、家を離れるので餅を背負わせて故意に倒すという地域もあります。しかし、手形や足形を取って記念にするという風習も、最近はビデオに録画するという形に変わり、出世魚ではなくバースデーケーキが並べられるようになってきています。お祝を贈る場合の表書きは「初誕生日」か「御祝」。お返しの必要はありませんが、贈る場合には「内祝」と書いて子供の名前で赤飯などを贈りましょう。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク