初節句

誕生後、初めて迎える節句を初節句といい、男の子は誕生直後の5月5日、女の子は3月3日です。ただし、生後間もない場合は、だいたいお食い初めをめやすにして、それより前なら翌年へ延ばすことが多い。初節句の祝い方は通常の節句とほぼ同じです。昔からの習わしとしては、女の子の初節句には妻の実家が雛人形を贈り、男の子の節句の場合には夫の実家が鎧と兜の武者飾りや、金太郎、桃太郎などの五月人形、鯉のぼりなどを贈ることになっていますが、現在では必ずしもこだわる必要がなくなってきています。仲人の場合どうすればよいか。頼まれた仲人のような一時的な付合いのときは何もしなくても失礼にはあたりません。贈られるのであれば、すでに身内から贈られているであろう人形の類はかえって迷惑になってしまうので現金かぬいぐるみなどが無難です。5000円から1万円ぐらいが目安です。お祝を贈る場合の表向きは、「初節句」か「御祝」。お祝いの席に招いてもてなせば、お返しをする必要はありませんが、する場合には、柏餅か、ちまき、菱餅か、ちらし寿司などを「内祝」と表書きして、子供の名前で渡す。また、女の子なら「桃の花」男の子なら「菖蒲」と表書きする場合もあります。こうした表向きの風習は、なかなか美しいもので、機会があれば使ってみたいものです。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク