長寿祝い

長寿の祝いは、中国から伝わった風習で、年を重ねるお祝として「算賀」ともいわれ、また「賀寿」と呼ばれることもある。数え年で61歳の還暦から祝うのが一般的であったが、平均年齢が延び、還暦の年齢では長寿といえなくなったので、現在では70歳の古稀から長寿祝いをする傾向もみられる。古稀は、唐の詩人の杜甫の詩「曲江二首」に「人生七十、古来稀なり」というくだりあることからいわれるようになったが、今や日本人の平均寿命は延び、70歳を稀とはいえなくなった。長寿の祝いとされているものとして、還暦(60歳)十干(甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸)と十二支(子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)が毎年変わっていくと、60年に1回、同じ組み合わせができる。つまり60歳になった年は生まれた 干支と同じになるので、これを本卦がえし、つまり還暦として祝うことになった。
古稀(70歳)前述のように杜甫の詩にちなんだもの。
喜寿(77歳)「喜の字の祝い」ともいうが、喜の字は草書体で「七十七」とも読めることから、77歳を「喜寿」として祝うもの。
傘寿(80歳)傘の字が「八十」とも読めるところからきている。
米寿(88歳)米の字が「八十八」と読めるところからきている。
卒寿(90歳)卒の草書体「卆」が九十とも読めるところからきている。
白寿(99歳)「百」という字から「一」を取ると「白」となることから99歳を白寿として祝うようになった。
茶寿(108歳)「茶」の字を分解すると、二十と八十八で、足して108になるところから。
皇寿(111歳)「皇」を「白」と「王」に分解し、白を九十九とし、王を十二として、足すと111になるところから。
大還暦(120歳)2度目の還暦となるから。
漢字を分解したりして無理矢理に漢数字に置き換えているものも多いが、長寿者を祝おうとする気持ちは尊い。また、100歳を上寿、80歳を中寿、60歳を下寿と呼ぶこともある。長寿の祝いは誕生日に行なうもので、お祝を贈る場合の表書きは「寿福」などである。還暦には魔除の色とされる赤いちゃんちゃんこと頭巾、座布団を贈る風習がある。しかし、普段着られるものではないので、実用的な物か、本人が希望する別のものを贈った方が喜ばれるでしょう。祝いの席を本人が催した場合には、お返しとして引き出物を用意し、本人以外が催した場合には記念品を用意する。湯呑、花器、漆器、お盆などが使われることが多い。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク