婚約・結納

お見合い後の交際も順調に進み、婚約ということになったら、一般には古くから行なわれている結納の取り交わしがあります。今日ではそうした形式を省略する人もあるが、そのとき同時に話し合わねばならないのが仲人です。仲人には、結婚から挙式まで、両家の間に立って、いろいろと面倒をみてもらうことになります。仲介した人がそのまま引き受けてくれるのがいちばんよいが、独身であったり、辞退されたりされた場合は、双方の両親が納得するような人を選ぶ。結納は、正式には仲人以外の人を立てるが、今では仲人ひとりで両家を往復するのが普通になっている。この時の使者の服装は、格式ばらず、ダークスーツ程度の略礼装でよい。結納の品は、デパートなどで5品目、7品目、9品目とセットで売っている。目録、長熨斗、金色、末広、友志良賀、子生婦、寿留女、松魚節、家内喜多留が9品目セットです。7品目セットはこれから松魚節と家内喜多留を除いたもの、5品目セツトは、子生婦と寿留女を除いたもの。この品目の数は、仲人と相談して、双方同じ物でなければならない。いずれも紅白か金銀の水引きをかけるが、水引きは受け取る側から見て、右赤左白です。片木盃に並べる順序は番号の順に右からです。仲人はこれらの品物を持って行き帰りしてもらう。吉日の午前中に行なう。まず男性側から女性側へ結納品を届け、受け書と女性側の用意した結納品を持って男性側へ、そこで男性側の受け書を持って女性側へ行く。その時、それぞれの家で祝い膳と酒肴料を用意したものだが、今日では略式化して酒肴料として1万円ぐらい包む。謝礼は別に結納金の1割程度が相場になっています。結納金は、サラリーマン家庭なら月収の2、3ヶ月分が適当。そして、女性は半分返しという例が多かったのですが、昨今は廃止するケースも多くなっているようです。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク