結婚式・披露宴の準備

婚約が整ったら3か月から6か月の間に結婚式を挙げる。まず、最初に決めなければならないのが式の日取りです。すべての準備を手まわしよく運ぶにはいちばん必要なことだからです。式場の決定、招待状の印刷、引出物の準備、荷づくりなど、すべて式の日取りが基準になります。その日取りは、六曜といわれる先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口のなかで、最も喜ばれるのが大安、続いて友引き、先勝の日などが選ばれるが、双方でよく相談し、女性の体調を考慮に入れることも忘れてはならない。日取りとともに決めておかなければならないのが予算です。戦前は、全額男性側が負担するというのが一般的でしたが、今では両家が適当に分担しています。ある調査では、婚約から挙式、披露宴、新婚旅行、住居、衣服、什器など、すべての費用が半々という報告があります。予算が決まったら料理、招待客の数などを決め、2人で自分達にぴったりの会場さがしをするのも良いでしょう。招待客の数は双方同数とする。仲人は、見合いを紹介してくれた人に引き続き依頼するなら、婚約したときにお願いするから、それで良いが、式当日だけの仲人なら、2人で仲人宅を訪れ、了解をとりつけ、その上で両親ともども正式に依頼する。招待客への案内状は挙式前少なくとも2週間前には着くように出す。スピーチなどをお願いするときは、依頼の手紙を添え、待ち時間と、できれば順番も伝える。主賓には出向いてお願いするほうが良いでしょう。式当日の受付や進行連絡係などは、招待客の顔ぶれを知っている人に頼み、写真係は、日頃とり慣れている人が良いでしょう。また、披露宴の司会は、男女1人ずつお願いすると、司会者も心のゆとりができる上、華やいだ雰囲気になる。披露宴の祝宴をなごやかで楽しいものにするためにも、話しの合いそうな人たちを隣あわせにする。引き出物は重くなく、かさばらないものが良いでしょう。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク