結婚式の形式

結婚式には、神前結婚式、キリスト教式結婚式、仏前結婚式、人前結婚式があり、それぞれ進行の仕方が違います。

神前結婚式
入場の順序=式場係−新郎−仲人−両親−兄弟−親戚−新婦−仲人夫人−両親−兄弟−親戚
席が定まったら、祭主のおはらいを受け、神に結婚の報告をする祝詞奉上。
三々九度=はじめ新郎が一番上の小杯をとり、注がれた神酒を必ず3回に分けて飲む。新郎が干した杯で新婦が同じようにしていただく。二献目は中杯を新婦が先にあけ、そのあと新郎が飲む。三献目は、大杯を新郎から飲み、新婦が続く。このとき新婦は花束を仲人にあずけ、飲まなければまねだけでもかまわない。
誓詞奉上
新郎が読み、新婦が自分の氏名だけを言う。式場には用意してあるレディメイドのものもあるが、できるだけ2人で創作したものを読むようにする。
結婚指輪交換
はじめに新郎が新婦の手を取って左薬指にはめ、つぎに新婦が新郎の左薬指にはめる。
玉串奉奠
玉串の枝のほうを神前に向けて捧げる。そして、二礼、二拍手、一礼して席に戻る。
親族固めの杯
御神酒を全員でいただくが新郎側からはじめる。

キリスト教結婚式
会堂には近親、友人、信者などが先に着席して式を待っている。
新郎は、正面に向かって右手から新郎−介添人(父親)−証人(仲人)−少年少女の順に入って新婦を待つ。新婦はバージンロードと呼ばれる入口から正面まで白い布の敷かれた道を、父親と左腕を組むか、証人(仲人夫人)に付き添われて入場する。バージンロードの歩き方は、ウエディングマーチに合わせながら、一歩一歩床をこするように静かに進む。
牧師の聖書朗読。新郎新婦は結婚を誓約する。
新郎新婦が手を重ねた上に牧師が手を置き、2人が結婚したことを宣言する。
結婚指輪の交換。
誓約書に署名する。
新郎新婦が腕を組んで退場。賛美歌を参列者一同で合掌ということになるが、賛美歌を知らない参列者は、起立して、席に備えられている賛美歌集のページを開き、歌詞だけでも読むようにする。また、カトリックには厳しいしきたりが多いが、信者でない人は、お祈りをする場合でもひざまずかないで椅子に座ったままでも良いし、女性の前髪の飾りも必要ではない。

仏前結婚
僧侶が敬白文を読む。参列者は合掌し、終わったら最敬礼する。
僧侶から念珠を授かる。
結婚の誓いをする。
新郎、新婦の順に、念珠左手に持ち、焼香を1回する。
三々九度の杯を受ける

人前結婚式
宗教色のない式を望む場合、友人や近親者の前で結婚を誓う形式。きまりはないが、誓いの言葉を述べ、婚姻届にサインする。それがすんで、にぎやかな談話に入るというのが一般的です。これを会費制で行なうこともありますがこの場合は、招待主は会費を払った参列者全員で新郎新婦や両親は招かれる側になります。しかし、何もかも主催者の好意に甘えることなく、両家で酒類を負担するとか、引き出物をもつなどして、参加者に敬意をあらわす心づかいが必要です。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク