花婿衣装・洋装

花婿の礼服には、モーニング、燕尾服、タキシードなどがありますが、花婿は自分の好みでどれを着てもよいというわけにはいきません。花婿は、花嫁の衣裳に合わせて、また、着る時間によって衣裳を選ばなければなりません。花嫁が和装なら花婿も和装がふさわしいが、洋装なら昼間はモーニング、夜なら燕尾服です。いま、花婿の礼服として最も多く用いられているのがモーニングコートです。モーニング用のワイシャツは、正式には立衿をカラーボタンで止める形式のものだが、最近は共衿も許されています。ただし、袖口はダブルで真珠か白貝のカフスボタンを付ける。靴下は黒無地、靴は黒の無飾りである。慶年のネクタイは黒に白、銀、グレーなどのストライプが一般的です。夜の正式な礼服は燕尾服です。したがって、挙式や披露宴が夜に及ぶときは、モーニングよりは燕尾服が正しい。上着とズボンは黒ラシャかドスキン。チョッキは白ピケ。ワイシャツは白で胸とカフスをかたく糊づけしたもの。胸のボタンとカフスボタンは白真珠、白貝などで対にする。カラーはシングルの堅い立てカラー、ネクタイは白のボータイ。タキシードは燕尾服の略装だが、略装といっても、最近は花婿の礼装に多くなった。上着とズボンは、燕尾服と同様、黒のラシャかドスキンで、型は普通の背広に似ている。打ち合わせはダブルとシングルとがあり、衿も剣衿とへちま型の2通りがある。ワイシャツは、胸にひだをとったひだ胸。ネクタイは燕尾服の白に対して必ず黒のボータイです。手袋をする人は、モーニング、燕尾服と同じように白である。モーニングの代用に、ディレクタースーツがある。ズボンはモーニングと同じように縞、上着も黒で、仕立ては背広とまったく同じです。礼服のうちで最も略式なのがブラックスーツですが、昼ならモーニングと同じアクセサリーを、夜ならシルバーグレーのネクタイにしましょう。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク