花婿衣装・和服

花婿の和服の礼装は、黒五つ紋付の長着、羽織袴が正式です。江戸時代の礼装は裃でしたが、明治になって官吏の礼服をフロックコートと定めたとき、判任官以下に羽織袴で代用することを許したことから、和服が最高礼装となりました。明治初期は、生地も紬や木綿だったのが、しだいに縮緬、羽二重、七子、絽などの高級絹地が使われ、袴も小倉木綿のかわりに仙台平が用いられるようになりました。ほかには無双平、博多平などがありますが、公式には仙台平の袴が用いられることが多いです。紋付羽織袴は、吉凶にかかわらず第一礼装ですから、結婚式にも御葬式にも通用します。最高の礼装、羽黒二重の羽織と着物、ともに染め抜きの五つ紋です。通常礼装でも羽織は五つ紋か三つ紋、着物は縞物となる。男性の第一礼装には、袴はなくてはならないものですが、現在の男性の袴は、江戸時代の馬乗り袴が改造されたもの、片足ずつ左右に入れてはくようになっている。袴をつけるときは、着物は袴よりも8cmくらい短く着る。長すぎるときは、女性の着付けと同じように腰紐で調整する。帯は錦織の角帯、兵児帯はいくら上等のものでも使わない。はき方は、足を通したら、袴の前紐を帯の上に乗せて、その紐をうしろへまわして帯の上に渡し、左右の紐を持ち替えて前にまわし、さらに後ろにまわして締める。つぎに腰板を帯の上に乗せ、うしろの紐を前にまわして結ぶ。結び方は十文字が正式ですが、一文字でも差し支えません。紋付羽織と袴の下に着るものは長着の2枚重ねで、上着は黒の塩瀬羽二重の五つ紋、下着は茶かねずみの羽二重。長襦袢は下着と同系色の淡色羽二重が良いでしょう。履物は畳表の草履、白い鼻緒が正式です。足袋は白、扇子も白。腕時計が袖口から見えるのは野暮なのではずしましょう。

冠婚葬祭

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク