相続人になる者の範囲

民法では、誰が相続人となるかについて、詳しく定めています。民法で定めている相続人は、大きく分けて血族相続人と配偶者の二本立てです。
 まず第一に子が相続人になります。その子がすでに死亡していたり、あるいは後に述べるように推定相続人を廃除されていたり、相続欠格などの場合には、孫が子に代わって相続することになります。これを代襲相続といいます。
 なお、子は、養子でも実子でも区別はありません。また性別、既婚、未婚の区別もありません。
 第二に、子がいなければ、父母、祖父母が相続人になります。
 それらの者もいないときには、兄弟姉妹が相続人になります。また、兄弟姉妹が相続人となる場合に、その兄弟姉妹かすでに死亡していていない場合はその子が代襲相続をします。なお、叔父、叔母は法定相続人にはなれません。
 以上が血族相続人です。
 これに対して、配偶者はつねに相続人となります。血族相続人かあれば、配偶者は血族相続人と共に共同相続人となります。また、血族相続人がいなければ、単独で相続人とな ります。

スポンサーリンク

父が死亡したときに、母の胎内にいた子(胎児)も、相続については生まれたものとして取り扱われます。ただし、死産の場合には、初めから全然いなかったものとして取り扱われます。
 では、胎児は実際にどのようにして相続するかですが、判例は、胎児は生まれた時に初めて一人前の遺産の分配を受けるという考を支持しています。しかし、これでは、生まれる前に遺産か分配されていた場合には、各相続人から分け前だけの遺産を取り戻さなけれ ばならない不便があります。
 そこで、実際問題としては、胎児がいる場合には、胎児の出生まで遺産の分割の禁止を命じる家庭裁判所の審判をしてもらうのが一番よい方法です。
 なお、祖父が死亡する前に、父が死亡しているとか相続の廃除、欠格を受けている場合、祖父死亡の時に胎児であった子も、生まれれば父に代わって祖父の遺産を相続できます。
 配偶者や血族相続人かいない場合には、相続人がいないことになります。しかし、戸籍上相続人はいなくても実際は結婚外の子がいるかもわからないので、この場合を「相続人の不存在」として、まず家庭裁判所は相続財産の管理人を選任して、相続人の捜査および相続財産の清算を行なわせます。
 そして、内縁の妻とか、事実上の養子のように、被相続人と一緒に生活をしていた者、被相続人の療養看護につとめた者あるいは、おじ、おば、継子などから請求かあれば、その清算後の相続財産の全部または一部が与えられます。
 それでも相続財産が残っている場合には、それは国庫、つまり国のものとなります。いったん国のものとなった場合は、その財産に対して、誰も権利を主張することはできません。
 法定相続人であれば必ず相続できるとは限りません。配偶者や子が相続人となるのは、被相続人と一体となって現実的あるいは観念的に家族的共同生活をしていると考えられるためで、そのような生活関係を破壊しようとした相続人にまで相続権を認めることは不都合だからです。
 極端な例をあげれば、子が親を殺害して相続をしようとしたり、あるいは兄弟を殺害して相続分を多くとろうとする行為を許したのでは家庭の秩序は保たれませんし、そんな子に相続権を認める必要は全くありません。
 このような場合を相続欠格とよんでいます。相続欠格となるのは、つぎの場合です。
 被相続人または自分より先順位、もしくは同順位で相続人となる者を故意に殺害し、または殺害しようとしたために別に処せられた場合。
 被相続人が殺害ことを知りながら、これを告発(警察や検察庁へ訴える)しなかった場合。
 詐欺、強迫によって、被相続人が遺言をし、または遺言を取消しあるいは変更しようとするのを妨げた場合。
 詐欺、強迫によって、被相続人に遺言をさせ、または取消し、変更させた場合。
 被相続人の遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿した場合。
 以上の事由に当たる場合は、法律上当然に相続人の資格を失います。
 相続の廃除というのは、前述の欠格者とするほどではないが、やはり相続させるのは望ましくないと考えられるような非行を相続人となるべき者がした場合に、被相続人がその相続権を奪おうと思うときに、これを認める制度です。
 民法八九二条は、最後先順位で相続をすべき者が遺留分を持つ相続人(配偶者、直系卑属、直系尊属)である場合、その者が被相続人に対し、虐待をし、あるいは重大な侮じょくを加えたとき、または相続人としてふさわしくない非行をしたときは、被相続人は家庭裁判所に申し立てて、この者から相続権を奪うことができると定めています。ここでいう「虐待」とは、肉体的、精神的苦痛を与える行為であり、侮じょくは名誉または自尊心を傷つける行為をいいますが、結局は、具体的、個別的に相続される者との身分関係に応じ、また社会の倫理観念に照らして、判断されます。

冠婚葬祭
婚約を結んだ場合/ 婚約者に結納を渡す場合/ 婚約の解消をする場合/ 結婚を口実に騙された場合/ 正式に結婚をする場合/ 結婚した場合の権利と義務/ 未成年者が結婚する場合/ 結婚が成立しない場合/ 移転する場合の手続き/ 夫婦の財産を決める場合/ 生活費の分担を決める場合/ 夫婦間の契約を取消す場合/ 内縁の夫婦の生ずる場合/ 内縁の関係を解消する場合/ 離婚する場合の方法/ 裁判離婚の手続き/ 裁判で離婚ができる場合/ 離婚する時に財産関係を清算する場合/ 子の扶養者を決める場合/ 子供の養育費を決める場合/ 偽装離婚をした場合/ 改氏や改名をする場合/ 子が親を扶養する場合/ 扶養順位を決める場合/ 扶養の程度を決める場合/ 扶養の紛争が起きた場合/ 遺言をした方がよい場合/ 遺言をする場合の手続き/ 遺言する場合の注意事項/ 遺言書を発見した場合/ 親に死亡された場合/ 夫に死亡された場合/ 蒸発して帰ってこない場合/ 葬儀を行う場合の問題/ 相続する場合の手続き/ 相続人になる者の範囲/ 各種の財産を相続する場合/ 実際に遺産を分割する場合/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク