実母でないと知ったときの戸籍の訂正

A子さんは今年高等学校を卒業した一八歳の娘ですが、最近つぎのようなことがはじめてわかりひとりで悩んでいます。
 それは今まで泰子さんが実の母親とばか り思っていた戸籍上の母は実母でなく、他にA子さんの実の母がおり、いろいろの事情があって父が現在のような戸籍上の手続きをしていたことを、長い間知らなかったのです。A子さんの身分はいったいどうなるのでしょうか。
 また実の母親と戸籍の上でいっしょになれないものでしょうか。

スポンサーリンク

自然の親子の関係は、戸籍にどう記載されていようと、血のつながりの有無が決め手となります。
 したがって、A子さんの実母はどこまでも戸籍に載っていない人であり、今まで実の母と信じていた人はA子さんの父の配偶者すなわち姻族にすぎないのです。そうして本当のことがわかった以上、A子さんの戸籍の記載は訂正されなくてはなりません。
 戸籍の訂正について戸籍法という法律がこまかく規定しています。共通していえることは、家庭裁判所の許可を必要とするということです。家庭裁判所は、血縁のない者が親子として戸籍に記載されている場合には、何とかしてこれを血縁の事実のある本当の親子の記載に訂正するよう考えてくれます。
 この場合は、まずA子さんの住所を管轄する家庭裁判所に、A子さんの方から戸籍上の母親を相手方として親子関係が無いことの確認を求める旨の調停を申立てます。
 家庭裁判所では、非公開の個室で裁判官と調停委員が列席の上、A子さんや相手方の言分をきき、また利害関係人として父親や本当の母親にも裁判所へ来てもらって事実を調べてくれます。もし相手方に格別の反対がない限り、裁判所は合意に相当する審判をしてくれます。
 A子さんはその書類をもって区役所に行き、今までの戸籍の記載のうち、A子さんの部分を全部抹消し、あらたに実の母親に出生届をしてもらった上、実の父親から認知をしてもらえば、本当の親子関係が戸籍の上でも証明されます。
 家庭裁判所から書面をもらったならばできるだけ速かに届出をする必要があり、これに背くと三万円以下の過料に処せられることがあります。また実の母親は、本来一四日以内になすべき出生届を怠ったことになるから、この場合も三万円以下の過料に処せられます。
 なおこの場合のように、最初から出生届を偽ってした場合、届出人は「公正証書原本不実記載罪』という刑法上の制裁を受けることがあり得ることに注意すべきです。
 戸籍には真実の身分関係を記載しなければならないもので、真実に反すれば訂正しなければならないのですが、いきなり戸籍係に行って訂正を申し出ればよいというのではなく、家庭裁判所の調停、裁判が必要ですから注意しましょう。

冠婚葬祭
婚姻の成立と効果/ 婚約を破った相手方の責任/ 結納金を返さなければならないのはどのような場合か/ 関係を持った後での婚約破棄はどうなるか/ 婚姻予約不履行での慰謝料/ 婚約の一方的破棄の場合でも結納は返すのか/ 二〇年余の内縁破棄はどうなるか/ 内縁の妻が勝手に結婚届けを出したときは/ 結婚が無効や取消されるのはどのような場合か/ 未成年者の結婚が認められる条件は/ 知らぬ間に結婚届が出されていたときは/ 蒸発した夫と離婚できないか/ 姑との不和解消に夫が非協力だと離婚事由となるか/ 離婚すると子供の姓はどうなるか/ 離婚のとき亭主名義の財産はもらえないか/ 離婚せずに生活費を出させるには/ 慰謝料を必ず払わせるのに有利な方法/ 信仰の違いは離婚の理由になるか/ 離婚後の子供の世話は誰がするのか/ 夫の浮気相手に妻や子は慰謝料を請求できるか/ 別居先にいる子供を引き取りたい/ 他人の赤ちゃんを実子として届け出ると/ 実子として届けた養子と縁を切りたいが/ 勝手に離婚届を出した夫と結婚した女性の責任は/ 隠し子を妻子に内緒で認知できるか/ 父の死亡後に認知した父は親権者になるか/ 親権の行使が制限されるのはどのようなときか/ 未成年の親子の親権者には誰がなるか/ 親権者の資格を失う場合とその手続き/ 結婚前に妊娠していた子の出生届は有効か/ 子供が生まれたから出した親の婚姻届は/ 離婚後すぐに再婚して生まれた子供は/ 妻の連れ子を夫の子として届け出たときは/ 婚姻中に生まれた子の嫡出を否認するには/ 男関係が多いことで認知を拒絶できるか/ 実母でないと知ったときの戸籍の訂正/ 縁組の届出がない養子の取扱は/ 離婚した養母の籍に入りたいが/ 娘の嫁ぎ先に居座った母の扶養料の負担は/ 大学生の子に対する扶養義務の限界は/ 父の内妻を扶養する義務は子供にあるか/ 亡夫の母親を一生養わねばならないか/ 社会保険や公共施設はあてにできるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク