実子として届けた養子と縁を切りたいが

A夫、A子夫婦には子ができなかったので、知人のB夫、B子夫婦の子を、生後間もなくもらうことにしました。そのとき、戸籍上は、養子よりも実子の方が情が湧くし、子のためとも思って、C夫と命名のうえ、嫡出子として出生届をしました。
 三〇年近く、親子として普通の暮しが続きましたが、A夫の事業の失敗、B夫の妻帯の頃から、不和確執がつのり、A夫の死後、その遺産問題もからみ、A子は迫われるように別居するに至りました。A子はC夫と親子の縁を切りたいと思っていますが。できるのでしょうか。

スポンサーリンク

結論からいうと、B子はC夫との縁を切れます。B子からは、C夫は、自分の腹を痛めた子ではないから、嫡出子という戸籍の記載はウソであり、いつでも地方裁判所に、親子関係不存在確認の訴が起こせます。もっとも、本訴に先立って、家庭裁判所に不存在確認の調停を申立てなければなりませんが、それは手続上の問題にすぎません。家裁でダメなら地裁でだいじょうぶです。
 これに対し、C夫の側からは、親子の縁を切りたくない、というならば、たとえ嫡出子出生届というのはウソであっても、親子になろうという意思があり、事実親子としてやってきたのだから、その届には、養子縁組届としての効果があるべきで、養親、養子としての親子関係がある、と反論するでしょう。
 法律上は、「虚偽の出生届に、養子縁組の効果が認められるか」というテーマで、民法上重要な問題点の一つになっています。この問題に対して、最高裁判所は、くり返し「ダメだ」という判決を下しています。B子対C夫の訴訟は「原告B子と被告C夫との間に親子関係の存在しないことを確認する」という判決文となることは間違いありません。こうなると、子の戸籍は消除訂正され、相続権はなくなり、裸一貫になってしまいます。
 学者の間では判例に批判的で、わらの上からもらって育て、親子らしい生活事実が営まれてきた場合には、子を救済しようとする面から、養親子関係を認めるのが妥当という説が多くなっています。
 縁組届ができるにもかかわらず、あえて出生届を選ぶ親の心理としては、ふつうの養親子以上に、濃い親子関係をつくって幸福を願うという心情と、後日、養子と知れたときの不安に対する配慮が働くのでしょう。わが国では、庶民の慣行であったとすら言われますが、民法が、出生届、縁組届に、それぞれ一定の条件と形式を明示している以上、最高裁判所のような結論にならざるを得ません。
 もっとも、相続問題がからむなどして、あまりに一方的に、親子関係不存在の訴に出て、子を追い出そうとするならば、権利の濫用として問題になり、あるいは内縁関係の不当破棄に似た、事実上の養親子関係不当破棄として不法行為になり子に慰謝料を払うべきことになります。

冠婚葬祭
婚姻の成立と効果/ 婚約を破った相手方の責任/ 結納金を返さなければならないのはどのような場合か/ 関係を持った後での婚約破棄はどうなるか/ 婚姻予約不履行での慰謝料/ 婚約の一方的破棄の場合でも結納は返すのか/ 二〇年余の内縁破棄はどうなるか/ 内縁の妻が勝手に結婚届けを出したときは/ 結婚が無効や取消されるのはどのような場合か/ 未成年者の結婚が認められる条件は/ 知らぬ間に結婚届が出されていたときは/ 蒸発した夫と離婚できないか/ 姑との不和解消に夫が非協力だと離婚事由となるか/ 離婚すると子供の姓はどうなるか/ 離婚のとき亭主名義の財産はもらえないか/ 離婚せずに生活費を出させるには/ 慰謝料を必ず払わせるのに有利な方法/ 信仰の違いは離婚の理由になるか/ 離婚後の子供の世話は誰がするのか/ 夫の浮気相手に妻や子は慰謝料を請求できるか/ 別居先にいる子供を引き取りたい/ 他人の赤ちゃんを実子として届け出ると/ 実子として届けた養子と縁を切りたいが/ 勝手に離婚届を出した夫と結婚した女性の責任は/ 隠し子を妻子に内緒で認知できるか/ 父の死亡後に認知した父は親権者になるか/ 親権の行使が制限されるのはどのようなときか/ 未成年の親子の親権者には誰がなるか/ 親権者の資格を失う場合とその手続き/ 結婚前に妊娠していた子の出生届は有効か/ 子供が生まれたから出した親の婚姻届は/ 離婚後すぐに再婚して生まれた子供は/ 妻の連れ子を夫の子として届け出たときは/ 婚姻中に生まれた子の嫡出を否認するには/ 男関係が多いことで認知を拒絶できるか/ 実母でないと知ったときの戸籍の訂正/ 縁組の届出がない養子の取扱は/ 離婚した養母の籍に入りたいが/ 娘の嫁ぎ先に居座った母の扶養料の負担は/ 大学生の子に対する扶養義務の限界は/ 父の内妻を扶養する義務は子供にあるか/ 亡夫の母親を一生養わねばならないか/ 社会保険や公共施設はあてにできるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク