慰謝料を必ず払わせるのに有利な方法

S子は、夫K太に好きな女性ができたことから夫との仲が不和になり、遂に離婚を申し出たところ、K太はあっさり離婚することを承諾しました。
 そうしてK太はS子に対して、自分の所有地が売れたら、財産分与および慰謝料として、五〇〇万円払うからと約束して書面もよこしたので、S子は離婚届に印を押し、K太郎との協議雑婚が成立しました。
 ところがその後K太は別の女性と直ぐに結婚してしまい、S子の方から何度催促しても、まだ土地が売れないからの一点ばりで全然支払いません。S子は途方にくれてしまいましたが、必ずK太に支払わせる方法というものはないでしょうか。

スポンサーリンク

まず男女間のことで慰謝料が請求できるのはどんなときかというと、
 (1) 貞操を犯した者に対してなす慰謝料の請求(貞操蹂躙)
 (2) つぎに、婚約者に捨てられた場合のそれ(婚約破棄)
 (3) 婚姻届は出してないが、世間で夫婦と認めるような生活をしている者が、捨てられた場合の慰謝料請求(内縁不当破棄)
 (4) 離婚する者が、離婚について責任のあるつれあいに対して行なう慰謝料請求(ただし、これは、離婚に際しての財産分与と区別されないことも多い)
 (5) 妻と関係した男、夫と関係した女に対し、夫または妻が行う場合の慰謝料の請求
 以上の五つがあげられます。
 (4)に相当するS子としては、K太が別の女性と結婚したがっていることは分かっていたのだから、慰謝料として先に現金でも貰うか、土地でも貰うかしてから離婚届に印を押せば一番確実に慰謝料を取ることができたわけです。
 しかしすでに離婚してしまったK太が任意に支払わない以上は、まず家庭裁判所へ調停の申立てをすることです。
 費用は大してかかりません。
 K太は五〇〇万円払うことは承諾しているのだから、その支払方法を調停委員の斡旋で定めてもらえばよい。すぐに現金で全部もらえないようなら、現物、つまり土地そのものをもらった方がよい場合もあります。現金で分割払いにする約束をさせても、どうしても滞りがちになるからです。
 では調停でかりに毎月一〇万円ずつ分割払いの約束ができたのに、一、二回払っただけで、残りを払わない場合はどうしたらよいでしょうか。
 家庭裁判所の調停または審判で定められた義務の履行については、権利者(S子)の申出があれば、裁判所で履行状況を調査した上、義務者(K太)に対して、支払いを勧告してくれるのです。
 また相当と認めれば裁判所から期限を定めて義務の履行、つまりK太郎に対し金銭を支払うようにとの命令を出してもらえます。
 義務者が正当の理由がないのに家庭裁判所の義務履行の命令に従わないときは、家庭裁判所は義務履行者に対して一〇万円以下の過料に処すこともできます。
 なお金銭の支払いについて、義務者の申出があれば、家庭裁判所は権利者のために、金銭の寄託の受入れをしてくれます。
 つまり裁判所が仲に入って、義務者から金銭をいったん預かった上、権利者に渡し、すでに離婚した夫婦が、お互いに顔を合わせないで済むようにしてくれるのです。
 ここに述べた家庭裁判所の履行の勧告、命令、寄託の受入の制度は、実施後かなり良好な成績を挙げているようです。
 この手続きをとってもなおかつ支払ってもらえないときは、強制執行手続を執るのが法的手続としては残された最終的手段となります。

冠婚葬祭
婚姻の成立と効果/ 婚約を破った相手方の責任/ 結納金を返さなければならないのはどのような場合か/ 関係を持った後での婚約破棄はどうなるか/ 婚姻予約不履行での慰謝料/ 婚約の一方的破棄の場合でも結納は返すのか/ 二〇年余の内縁破棄はどうなるか/ 内縁の妻が勝手に結婚届けを出したときは/ 結婚が無効や取消されるのはどのような場合か/ 未成年者の結婚が認められる条件は/ 知らぬ間に結婚届が出されていたときは/ 蒸発した夫と離婚できないか/ 姑との不和解消に夫が非協力だと離婚事由となるか/ 離婚すると子供の姓はどうなるか/ 離婚のとき亭主名義の財産はもらえないか/ 離婚せずに生活費を出させるには/ 慰謝料を必ず払わせるのに有利な方法/ 信仰の違いは離婚の理由になるか/ 離婚後の子供の世話は誰がするのか/ 夫の浮気相手に妻や子は慰謝料を請求できるか/ 別居先にいる子供を引き取りたい/ 他人の赤ちゃんを実子として届け出ると/ 実子として届けた養子と縁を切りたいが/ 勝手に離婚届を出した夫と結婚した女性の責任は/ 隠し子を妻子に内緒で認知できるか/ 父の死亡後に認知した父は親権者になるか/ 親権の行使が制限されるのはどのようなときか/ 未成年の親子の親権者には誰がなるか/ 親権者の資格を失う場合とその手続き/ 結婚前に妊娠していた子の出生届は有効か/ 子供が生まれたから出した親の婚姻届は/ 離婚後すぐに再婚して生まれた子供は/ 妻の連れ子を夫の子として届け出たときは/ 婚姻中に生まれた子の嫡出を否認するには/ 男関係が多いことで認知を拒絶できるか/ 実母でないと知ったときの戸籍の訂正/ 縁組の届出がない養子の取扱は/ 離婚した養母の籍に入りたいが/ 娘の嫁ぎ先に居座った母の扶養料の負担は/ 大学生の子に対する扶養義務の限界は/ 父の内妻を扶養する義務は子供にあるか/ 亡夫の母親を一生養わねばならないか/ 社会保険や公共施設はあてにできるか/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク