神式やキリスト教での法要

神式では、仏式の法要に当たるものを霊祭といっています。葬儀の翌日に行なうのが翌日祭で、これは現在、ほとんど行なわれなくなっていますが、葬儀が無事にすんだことを霊前、墓前に奉告するための儀式です。死後一〇日目に十日祭が行なわれ、そのあとは、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭と続きます。そのあとは百日祭、一年祭と祭祀を行ないます。一年祭までの祭祀のうち、五十日祭、百日祭、一年祭が重要な祭祀で、丁重に行なわれます。
 百日祭までの霊祭は墓前で行なうので、墓前祭ともいわれています。近親者を始め、友人、知人、十日祭には葬儀のときに世話になった人も招き、神職者にきてもらって祭祀を行ないます。献饌、 祭詞奏上のあと、遺族をはじめ関係者が玉串を奉奠します。霊祭のあとは、料亭などで招いた人をもてなします。五十日祭で忌明けとなりますが、五十目祭の翌日には清祓の儀が行なわれ、神棚の白紙を取り去ります。また五十日祭の行なわれたあとの適当な日に故人の霊璽を祖先の霊が祭ってある祖霊舎に移します。これを合祀祭といいますが、五十日祭に清祓の儀と合祀祭をいっしょに行なうことが多くなりました。五十日祭で清祓の儀とともに忌明けとなりますので、葬儀のときに玉串料をいただいた所には忌明けの挨拶と香典返しをします。死亡後一年目に一年祭を行ない、あとは、二年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続き、五十年祭までは一〇年ごとに祭祀を行ないます。そのあとは百年祭、さらには一〇〇年目ごとに行ないます。また、遺族の服装は二年祭までは正式喪服を着用し、以後は地味な物なら平服でもよいでしょう。
 神識者への謝礼の金額は、神社の格式や祭事の規模によっても違います。直接神社に問い合わせてみるといいでしょう。表書きは「御礼」とします。自宅に招いたときは「御車代」を包みます。これは車で送迎しても包むのが礼儀でしょう。また、霊祭の前後には、着替えたり休憩のために必ず、控室を用意します。
 霊祭に招かれたとき、焼香のかわりに玉串奉奠をするだけで、仏式法要の場合とほとんど同じと考えてよいでしょう。玉串の用意のないときは、二礼、二拍手、一礼します。一年祭までは、音を立てないで拍手をしますから注意しましょう。服装も仏式法要に招かれた場合と同じです。また、「御供物料」も仏式と同じように持参します。

スポンサーリンク

キリスト教の場合、仏式の法要に当たるものは、カトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは、記念式といっています。
 カトリックでは故人が亡くなった日から三日目、七日目、三〇日目に追悼ミサを行ないます。故人が死亡した日を記念して「死者記念のミサ」をあげ、墓参りをして追悼会を行ないます。それ以後は別に決まりはなく、毎年、命日を記念して追悼ミサを行なうこともありますが、一〇年目とか二〇年目というような決まりのよい年に、盛大に行なっているようです。カトリックでは毎年一一月二日は万霊節つまり死者の日として、仏教のお彼岸のように追悼ミサが行なわれます。ミサのあとは、教会の別室か自宅に帰って茶話会を催して、故人を追悼します。
 プロテスタントでは、特に決まりはありませんが、故人の死後一か月後の召天記念日に、牧師、親類、知人を招き、記念式を行ないます。これは教会や墓地で行なわれ、故人をしのび、神の恵みに感謝し、遺族の信仰が深くあることを祈ります。記念式のあとは、カトリックと同じように、教会の一室や自宅で故人をしのぶ茶話会が催されます。
 教会へのお礼は、「記念献金」とか「御花料」と表書きして包みます。神父や牧師へは「御礼」とか「御車代」としてお礼します。もちろん、送迎をした場合でも、包みます。額の基準は特にありません。
 キリスト教式では、供物としては、花のほかは贈りません。花は墓前にささげるか、故人の家に贈ります。原則としては、現金を包むことはありませんが、仏式法要のように「御花料」を持参する人も多いようです。服装は、仏式法要の場合と同じですが、挨拶などでは、「冥福」とか「成仏」といった言葉は使わないように気をつけましょう。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク