年忌法要

毎年、法要を営むわけではありません。死亡した翌年の同じ月同じ日に一周忌を行ないます。一周忌の翌年(つまり満二年目)に三回忌を行ないます。ですから、二回忌と呼ぶ年忌はなく、人間の年齢でいうと、一周忌だけが満で数え、あとは、死亡した年を入れて「数え」で勘定します。以後、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌とあり、そのあとは五〇年ごとに法要が行なわれます。一般には、二十七回忌ぐらいで打ち切るか三回、七回、十三回忌を行なったあとは、途中をとばして営むなどさまざまです。

スポンサーリンク

法要は必ずしも命日にこだわりませんが、命日にできるだけ近く、しかも命日の前に行ない、決して命日のあとにならないようにします。法要に招く人は、一周忌まではかなり広範囲に出席をお願いしますが、三回忌からは、関係の深い人にしぼっていきます。案内状は大がかりな法要の場合に限り、一般には電話連絡やはがきで確かめればよいでしょう。いずれにしても、日時、場所を明確にし、服装などについても略式でお願いしますといったことを付け加えればいいでしょう。法要は、寺で行なう場合と自宅で行なう場合がありますが、僧侶の読経のあと、参列者が焼香し、墓参りをし、そのあとで参列者一同をもてなします。墓参りのとき、塔婆を献ずる宗派も多いようです。塔婆は経文の一句をしるし、法要する人が供養のために供えるもので、寺に塔婆料をおさめてお願いします。
 墓参りのあと、僧侶や参列者を接待するのがふつうです。料亭に招くか、自宅で行なうことになるでしょうが、遺族を代表する人が故人をしのんで集まってくれた参列者に厚く感謝して宴を始めます。司会者が、遺族の近況などを紹介したあと、何人かの人に、故人にまつわる思い出話などを語ってもらうのがよいでしょう。思わぬ故人のエピソードにびっくりすることがあるかもしれません。宴席を省略したいときには、その旨の挨拶をし、引出物といっしょに折詰と酒を配るといいでしょう。
 葬儀直後の初七日から三回忌までの法要では、男女とも正式喪服で通すのがいいでしょう。三回忌がすめば、略式でもかまいませんが、参会者より軽い服装にならないように十分注意してください。
 初七日や四十九日などの盛大に行なう法要や、内輪で行なう法要では謝礼の額に違いが出てくるでしょう。僧侶の数によっても、法要を営む場所(自宅あるいは寺など)によっても違いが出てきます。表書きは「御布施」あるいは「御経料」と書きます。また、自宅や遠方の霊園に出向いてもらう場合には、「御車代」を包まなければなりません。宴席に招かない場合には「御膳料」を包むのが礼儀とされています。
 法要の通知を受けたら、すみやかに出欠の返事を出してください。法要を営むほうでは、人数によって宴席などの手配をしなければならないからです。法要に招かれたら、必ず供物かお金をもっていきます。供物は、生花、果物、菓子など、お金の場合は、香典と同じように包み、「御仏前」「御霊前」と表書きします。金額も香典の場合の五〜七割程度が常識とされています。服装は、平服か略服でよく、改まった喪服は不自然と心得ておきましょう。ただ、忌明けまでの法要は告別式と同様の服装をする所もありますから、迷うようなときは、同行する年長者の意見を聞くといいでしょう。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク