法要

法要には、仏教の要義という意味が込められていますが、狭義には法事と同義で、中国では仏教行事の意で用いられていたようです。日本の平安時代には追福や善根のために仏を供養し、僧に施しを営むことに使われ、江戸時代以降は、もっぱら死者の冥福のための忌日法要の意に用いられてきました。現在、仏教では、忌日に行なう仏事をすべて法事の名で呼んでいます。
 仏教では、亡くなった日を入れて七日ごとに七回、僧侶を招いての法要が営まれます。これは、人が死んで冥土に行くと、閻魔の庁で七日目ごとに七回審判されるといわれているところから、同じ日に故人の冥福を析るわけです。最初の法要が初七日、このあと二七日(一四日目)、三七日(二一日目)、四七日(二八日目)、五七日(三五日目)、七七日(四九日目)と続いて忌明けとなります。

スポンサーリンク

初七日の前の日、亡くなった日から六日目の晩を逮夜といいます。逮夜とは忌日の前夜という意味で、僧侶に読経してもらって、故人の冥福を祈り、一晩語り明かします。宗派によっては、逮夜法要を重視しているところもあり、僧侶の逮夜参りという言葉もあるくらいです。
 初七日は閻魔庁の初審判の日に当たります。実際の法要も、骨揚げの二、三日あとですので、祭壇には遺骨、遺影を飾ったままの葬儀の続きのような雰囲気の中で行なわれます。故人が生前親しかった友人、知人、近親者はもとより、葬儀のときに世話になった人々を招いて、僧侶に読経してもらって供養します。初七日の法要は、遺骨迎えの法要を兼ねてすませてもよく、期日を早めて、逮夜法要と合わせて行なってもかまいません。いずれにしても、葬儀、逮夜と続いてきた供養に一区切りつける儀式として考え、遠方からきた人には、この時点で引き取ってもらうのがよいでしょう。
 初七日のあとは、二七日、三七日、四七日と続きます。これらの日は僧侶を呼んで読経をじてもらいますが、大体は内輪の法要と考えていいでしょう。最近では、僧侶の読経を省略して家族だけで営んでいるところが多いようです。次の五七日は、死者が冥土で五回目の審判を受ける日として、七七日に次いで重要です。初七日と同じように僧侶を呼んで読経をお願いし、親戚、縁者を招いて盛大に法要を営みます。宗派によっては、五七日を忌明けとしている所もあります。
 仏教では、七七日(四九日目)を死者の運命が決まる日とされています。いうなれば、閻魔庁における最後の審判が下される、忌日の中でも最も重要な日です。この日をもって忌明けとされていますから、この日には、世話になった人を招いて精進落としの日として法要を厚く行ないます。埋骨も、五七日かこの四十九日に行なうのがふつうです。葬儀のときに香典をいただいた所へは、忌明けの挨拶状とともに香典返しを送ります。
 四十九日の法要が終わると、次は百か日(一〇 〇日目)まで、特に法要は営みません。故人は四十九日で閻魔庁の最後の審判を受けて、仏の仲間入りをしているわけですから、成仏した故人の近況を聞くための会として、百か日を考えるといいでしょう。生前親しかった人々を招いて、僧侶に読経を頼むのも他の法要とかわりません。ごく内輪だけですませることもできます。百か日のあとは、一周忌となります。
 毎月めぐってくる故人の死んだ日を命日といいます。この日には、仏前に花を添えたり、供物をあげたりします。僧侶を招いて供養をすることもありますが、特に人を招くことはありません。
 故人の死亡後、最初に迎える盆を「新盆」といいます。ふつう、お寺まで霊を迎えに行き、門前 には迎え火をたき、仏壇には精霊棚を飾り、花や果物を供えます。また、お盆の間は、霊に自分の家を教えるために岐阜ぢょうちんを飾ることになっています。新盆の供養は、僧侶に読経を頼み、近親者、友人、知人を招き、精進料理を作って仏前に供えるとともに一同をもてなします。
 お盆の最初の日に、墓参りをします。墓を清めてから、香華をたむけ、花や果物、だんごなどを供えます。墓参りには、僧侶に読経を頼み、近親者、知人、友人にも行なってもらうとよいでしょう。ただ、都会などでは、墓参りといってもかなり遠方に墓がある場合もありますから、そのようなときは日を改めて自宅で法要を営めばよいでしょう。お盆の最後の日には、送り火をたき、霊を送り出して、新盆の行事を終わります。新盆がすんだあとは、寺にちょうちんをおさめ、供物は白木の盆にのせて川や海に流します。これに燈龍を添え て流すのが精霊流しですが、宗派によってはこのような行事をしない所もあります。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク