神式の弔問

神仏混合時代が長かったために、儀式は異なるものの、その心得などは仏式に非常に似ています。まず、弔問に出かけるときの服装は、通夜は略式喪服、葬儀、告別式には場合によっては正式喪服と、仏式と同じです。また通夜ぶるまいの受けかたなども仏式と同じと考えてよいでしょう。
 神式の葬儀に参列する場合は、まず手水の儀から始まります。まず左手を洗い、右手を洗って口をすすぎますが、ひしやくの水を三度にわけて使うのがしきたりです。しかし、最近では、この手水を行なわないことが多くなっていますから、わからないときは、その場にのぞんで、周囲の人と合わせるとよいでしょう

スポンサーリンク

神式葬儀では、仏式の焼香と同じように、四手をつけた榊の枝を祭壇にささげます。これを玉串奉奠といいます。この玉串奉奠は儀式ごとに、何回も行なわれるものです。
 神式の拝礼は、正式にはこの二礼二拍一礼で行なわれます。まず二回静かにおじぎをして、二回拍手をしますが、弔事の場合は音を立てずに、静かに手を合わせるだけのしのび手で行ないます。最後に一礼して終わります。
 儀式のたびに行なわれる修祓や、斎主が祭詞奏上しているときは、参列者は深く頭をさげているのがしきたりです。
 神仏混合で、仏式のしきたりがまじり込んでいる神式の葬儀では、知らないうちに神式のしきたりをおかしていることがあります。
 弔事のときによく使われる追善、供養、冥福などは仏式の用語ですから、遺族にお悔やみをいうときや、弔辞、弔問の手紙、弔電などに使わないように気をつけます。それにかわる言葉としては、帰天、永別、他界などがあります。また、自分が仏教徒であっても、神式の葬儀に数珠をもっていくのは、礼儀に反します。
 神式葬儀の香典は、銀か白の水引きを結び切りに結んだのし袋を使います。表書きは「御榊料」「御玉串料」「御神饌料」とします。「御霊前」でもかまいませんが、蓮の花が描かれている物は仏式用です。
 神式葬儀の供物は仏式とほぼ同じと考えて差し支えありませんが、そのほかに清酒がよく用いられます。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク