香典と供物

香典は古くは会葬者が香を持参して故人の冥福を祈ったものです。時がたつにつれて香がそなえつけられるようになり、人々は金包を持参するようになったようです。香典を持参する時機についてのしきたりがあるわけではありませんが、通夜前のとりあえずの弔問のときでは、喪家では準備が整っておらず、とりまぎれることもありますし、亡くなってすぐの香典というのも、あらかじめ用意していたような印象を遺族に与えかねません。香典を持参する時機は、通夜または告別式が適当と思われます。もちろん葬儀でもかまいませんが、葬儀に参列している人は通夜にも顔を出しているでしょうから、早い通夜に持参したほうがよいでしょう。
 香典袋は一般に市販されている物を使うことが多いようです。袋の大きさは、包む金額や葬儀の規模、故人との親疎の度合などで違いますからいちがいにはいえません。小さい物は心付けに使われ、銀の水引きのある物は仏式に限らず、神式、キリスト教式とも共通です。神式は白の水引きの場合もあります。ていねいにする場合は、半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをし、黒白または銀の水引きを結び切りで結びます。

スポンサーリンク

香典の金額は、故人との親しさの度合、喪家の格式、葬儀の規模などにより違います。年長者などに相談して決めるといいでしょう。
 香典袋には必ず包んだ金額と氏名、できれば住所も記しておくと便利です。金額の書きかたは、市販の香典袋なら記入する欄を設けているのもありますが、ない場合は中袋中央や折返しで見えなくなる部分に書きます。住所を表書きの名前の右横に並べて書くことがあります。
 香典の表書きでもっとも一般的なものが「御霊前」で、これは仏式に限らず、神式、キリスト教式でも使えます。「御仏前」の香典は仏式だけにしか使えません。それも遺骨になってからの弔問のときに使うのが一般的といわれています。
 連名で香典を包むときには、目上の人の名前が右側になります。名前を書くかわりに名刺などを貼る場合は、下段の中央か、左下につけて貼るようにします。また、同じ会社の同じ課の人たちがいっしょに包むような場合には「○○○○外○名」とすることもあります。
 一般的に慶事の場合は濃い墨で、弔事の場合は薄墨で書くのがしきたりです。
 ふつう香典には故人の名前は書きませんが、大勢の人が一度に亡くなった合同慰霊祭などでは、故人のうち誰に宛てた物かわかりませんので、そのようなときには、上段左上に故人の名前を書い ておきます。
 葬儀に出席できず、香典を郵送するときには、お金をはだかのまま入れては失礼になります。必ず香典袋に入れてから、書留用の封筒に入れます。郵送用にセットされた物も市販されています。お悔やみの言葉を書いた手紙を入れるくらいの心配りをしたいものです。また、電報為替で送ることもあります。
 香典は受付または霊前で、遺族に差し出しますがむき出しのままではなく、できればふくさに包んで持参したいものです。弔事の場合のふくさは紺かグレーが用いられ、最近では台付の物が多いようです。これは香典袋の角がいたまないように配慮された物です。また、この台付の物で紫のふくさには、台の色が表と裏で慶事と弔事が使いわけられるようになっている物もあります。弔事の際は次のように包みます。
 ふくさを斜めに置いて、中央に香典をのせます。右角を折ります。上と下の角を折ります。残った左を折ります。右の上下にふくさの端で三角形ができます。
 香典を受付で差し出す場合や、遺族に直接渡す場合は、名前を相手に向けて差し出しますが、霊前の場合は手前に向けて差し出します。
供物を贈る場合は、仏式では干菓子や最中などの日もちのする菓子類、果物などのほかに、線香や抹香、ろうそくなどがよく用いられます。買った店に仏式葬儀の供物にするといえば、弔事用の包装紙に、不祝儀ののし紙をかけてくれます。
ていねいにする場合には、品物を白い紙で包装し、半紙か奉書紙をかけて、黒白か銀の水引きをかけます。水引きのかけかたは次のとおりです。
 水引きの黒が右になるように品物の下に中心を合わせておき、上に回して中央で交差させます。白を黒の下に通して上に出します。結び目を押さえながら、ひと結びします。結び目をかたく引き、しごくようにして水引きを揃えます。大きな輪を作り、白を黒の上から下に出します。水引きを揃えて、あまった部分を切り落とします。
 よく新聞の葬儀広告や死亡通知の手紙に「勝手ながら供物・供花の類は、かたくご辞退申しあげます」と書いてあります。このようなときには、喪家の意向にしたがいましょう。香典は別なのでもっていきますが、家によっては香典も辞退されることがあります。
 花輪や生花を供える場合には、順序よく並べるために少々時間がかかりますから、葬儀社か花屋に電話して、なるべく早く届けてもらうようにしましょう。通夜に間に合わせるには午前中に、葬儀の場合は前日つくように手配しましょう。やむを得ない場合には通夜開始間ぎわや葬儀当日に届けてもかまいません。花輪の場合は、置き場所の問題がありますから、あらかじめ喪家に連絡しておいたほうがよいでしょう。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク