僧侶への謝礼

僧侶の謝礼はあとでまとめて払いますが、枕経、通夜、葬儀などではそのつど、「御車料」と必要に応じて「御膳料」を包みます。金額については檀家総代や世話役代表などと相談したり、経験者に聞いたりするとよいでしょう。
 僧侶に支払う謝礼の額は、葬儀の規模、寺や僧侶の格式、故人との関係などで違ってきますから葬儀社の人、檀家総代、世話役代表などと相談して決めるとよいでしょう。告別式で読経が終わる場合は告別式のあと、控室などで渡します。骨揚げ、あと祭りまで頼んだ場合は、精進落としの前に、やはり控室などで渡します。表書きは「御経料」「御布施」「志」などで、市販されている不祝儀用ののし袋か、中包みは半紙、上包みは奉書紙で包んでもよいでしょう。中包みはしない場合もあります。水引きは銀または黒白の結び切りにします。自宅葬ではなく、寺院を会場として借りた場合は、席料として金額が決められていれば、その分は「御席料」などとして別に包みます。寺が小さく、席料などとして、はっきりと金額が決められていない場合は、僧侶への謝礼の中に席料も含めて、多少多めに包むようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク

仏式と同様に、神職者への支払いは、葬儀の儀式の中でいちばん最後に行なわれる帰家祭のあと、神職者が控室にいるときに渡します。
 神識者の送迎も喪家でするのが一般的ですが、その場合でも「御車料」として、僧侶と同様に、不祝儀袋か、半紙などに包んで渡します。また通夜祭や帰家祭のあと、簡単な食事か茶菓で接待しますが、しないときには「御膳料」を包むとよいでしょう。
 不祝儀に使われる水引きには、白、藍白、黒白がありますが、そのうち、黒白の物は仏式の物ですから、神式の場合はもちろん、キリスト教式でも使いません。神式の場合は銀がよく使われますが、神式だけの物として白の水引きもあります。
 キリスト教式の謝礼は、原則としては個人ではなく、教会に払う形を取ります。表書きは「御礼」「ミサ御礼」「記念献金」などとします。教会の場合は黒白の水引きは使わず、銀または白い封筒を使います。会場を借りた場合は、別に「御席料」として金額が決まっていればその額を、決まっていなければ、信徒の重立った人や教会関係者に相談して包むとよいでしょう。
 ていねいにする場合や、格別の世話になった場合は、神父、牧師個人に「御礼」として包むこともあります。
 世話役や台所を手伝ってくれた近所の主婦の人たちには、忌明けにお礼の品を持参するとよいでしょう。所によっては、精進落としのあと、喪家、近親者の家がそれぞれ小さな不祝儀袋にお金を入れ、いくつかをたばねてお礼として渡すことがあるようです。しかし、葬儀がだんだん簡略化されつつあること、近所同士の助け合いでもあることを考え合わせれば、それほどまでする必要がないのではないかと思われます。
 職場などの仕事関係者や、知人、友人などでお世話になった人には、現金でお礼をするのは失礼にあたりますから、忌明けに、お礼の品をもって挨拶にうかがうようにしましょう。
 喪家に出入りしている職人や酒屋の店員、知り合いの運転手などで世話になった人には、精進落としのあとに、現金を包んだ心付けを渡します。
 心付けは小さな不祝儀の袋に入れて、目立たないように、何気なく渡したいものです。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク