プロテスタントでの葬儀

プロテスタントの場合は、仏式のしきたりを取り入れて、仏式の末期の水を取る場合があります。希望があれば用意しておきましょう。
 医師によって死亡が確認されたら、湯灌、死化粧をして、故人の好んでいた衣服に着替えさせます。
 牧師の祈りの中で遺族の手で遺体を棺におさめ、白い布でおおって白い花を飾ります。蓋をしてから黒布でおおい、部屋に安置します。そばに白布か黒布をかけた小机を置き、遺影と白い花を飾ります。一同が揃ったところで、聖歌合唱、聖書朗読、祈り、牧師の納棺の辞、聖歌合唱、祈りとなって納棺式が終わるのが一般的です。
 儀式としては、牧師にきてもらい、聖歌合唱や聖書朗読、祈り、牧師の故人の思い出を語る感話、参列者の献花となりますが、そのあと、通夜ぶるまいとまではいかない程度の軽い食事や茶菓で参列者をもてなし、故人の思い出を語り合うのが一 般的です。プロテスタントは、祭壇はあまり飾らず、遺影と白い生花ぐらいです。
 ほとんどの場合、葬儀は教会で行なわれます。棺は家を出る前に、きてもらった牧師といっしょに、聖歌合唱、聖書朗読、祈りをささげます。
 最後の対面、くが打ちは仏式とほぼ同じです。近親者で棺をはこび、霊柩車とハイヤーなどで教会に向かいます。

スポンサーリンク

前列に遺族、近親者、来賓が座り、一般参列者は空いている席に自由に座ります。一般参列者は定刻前に入場し、棺の入場を起立して迎えます。棺はオルガン演奏の中を教会関係者の先導のもとに、遺族のもった遺影、遺族とともに入場し、祭壇中央に安置されます。
 葬儀は、教会関係者が進行をつとめるなかで、オルガンの前奏から始まります。聖書朗読、聖歌合唱、聖書朗読、祈り、故人の略歴紹介、式辞または説教、祈り、聖歌合唱、弔辞、弔電披露、頌栄、オルガン後奏と続き、遺族の挨拶があり、牧師から始め、喪主、遺族と続く献花で終わります。参列者が多いときは、献花を、全員の黙祷でかえることもあります。
 告別式が終わり火葬場についたら、棺に十字架や花を飾り、牧師が祈りをささげ、聖歌を合唱して火葬に入ります。骨揚げは仏式と同じ方法で行なわれているようです。土葬が市街地ではほとんど禁じられている日本の場合、キリスト教が土葬を建て前としていても、特殊な例をのぞいては火葬にせざるを得ません。
 遺骨は、仏式と同様に骨壹におさめ、遺族が家にもち帰り、日を改めて埋葬します。自宅での遺骨の安置場所は、特別決められているわけではありません。遺骨を安置するのにふさわしい場所であれば、机の上でも床の間でもかまいません。遺骨には遺影や花もいっしょに飾るといいでしょう。故人の好きだった食べ物を供えることもあります。
 通夜祭、葬儀の遺族の服装は特別のしきたりがあるわけではありませんから、仏式の服装と同じと考えてよいでしょう。アクセサリー類は、真珠のもの以外はなるべくつけないようにします。プロテスタントは、カトリックのように、女性が黒いベールをかぶることはありません。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク