カトリックでの葬儀

通夜を翌日にするときなど、死亡当日に納棺しない場合には、仏式と同様に白いシーツのかかった清潔なふとんに寝かせて、顔を白布でおおいます。しかし、仏式のように北枕にこだわる必要はありません。枕元には、ろうそくと十字架を飾ります。
 納棺の前に神父にきてもらいます。遺族、近親者が遺体を囲み、聖書の朗読、聖歌奏唱、そして神父の納棺の言葉があり、遺族の手によって納棺します。遺体の手を組み合わせ、生前愛用していた十字架やロザリオをもたせます。棺の中は白い花で埋め、黒い布でおおって棺台に安置します。
 通夜は日本のしきたりでキリスト教にはないものですが、日本の習慣を取り入れて行なわれるようになりました。そのために、通夜のための儀式の決まったものがあるわけではありませんが、一般的には遺体の枕元に、小さい机を置き、遺影、ろうそく、香、聖水、生花などを飾り、神父による死者への撒水、参列者とともに通夜の祈り、聖歌奏唱、説教があります。また、最後に神父、遺族、参列者の撒水や献花をする場合もあります。遺族が通夜の挨拶をする場合は、献花の前か、献花の人数が多い場合はその後にするとよいでしょう。

スポンサーリンク

仏式の通夜ぶるまいほどの供応はせず、一般的には簡単な食事か茶菓の用意をして、故人の思い出話に一ときをすごす程度です。通夜は自宅で行なう場合と、教会で行なう場合とがあります。
 キリスト教であっても、通夜、葬儀の服装は仏式と同じですが、教会内では、女性は黒いベールをかぶります。
 カトリックでは、出棺のときに神父がきて、出棺の祈りをささげてくれますが、喪家までいかず教会の入口で棺を迎えることもあります。教会までは、葬儀社が取りしきってくれます。
 キリスト教の場合、葬儀はほとんど教会で行なわれます。教会内の準備、遺影や十字架、生花を置いたりするのは、ほとんど教会関係者が行なってくれます。
 教会内での席次は、前列右が遺族、近親者、左が来賓、遺族の後ろが友人、知人、来賓の後ろが一般会葬者と一応は定められていますが、遺族、近親者、来賓をのぞいては、あまりこだわらず空いている席に座ります。
 神父は、一度人ロに安置された棺に聖水をまき、霊魂が無事に神のみもとに導かれるように析ります。続いて十字架を先頭にして、聖堂の中央にはこばれ、足を祭壇に向けて安置されます。
 ミサとはキリストがみずからの命を犠牲にして人類のために十字架にはりつけになったことを記念して、神父によって再現する儀式で、安息ミサは、故人が生前知らずにおかした罪の許しを乞い、天国に行き安息できるよう祈るものです。
 ミサのあと教?式に入ります。神父は、故人が煉獄の苦しみから教われるよう祈り、聖歌が歌われたあと、今度はけがれを清め安息を願う聖水を棺にそそぎ、香をたき、棺の周囲をめぐりながら、生前の信仰と善業が罪をつぐなうよう祈ります。
 儀式を重んじるカトリックでは、正式の儀式以外の告別式には神父は加わりません。教会で告別式をする場合は、神父の特別の許可を得て、遺族が主催して行ないます。そのために進行は教会関係者から世話役に移ります。
 形式が決まっているわけではありませんが、一般的には開式の辞のあと、弔辞や弔電の披露、オルガン演奏の間に遺族、近親者、参列者の献花があり、喪主か遺族代表の挨拶をその前かあとにして終わります。
 献花は花を右にして受け取り、四分の一回転して、花を手前にします。花の持ちかたをかえて、そっと献花台に置きます。
 カトリックでは、七歳未満の子供はまだけがれも知らず、罪もおかしていないために、けがれを清めたり、罪の許しを乞う儀式は不必要と考えられていて、祈りは神を賛美するものになります。
 遺体には花のかんむりをかぶせ、神父も白い祭服でのぞみ、天国に召されたことを感謝する儀式になります。
 キリスト教は、本来は土葬なのですが、日本では土葬が禁じられている所が多く、カトリックの場合は特に許可を得て土葬にすることもあります。
 火葬の場合は、火葬場で花や十字架を棺に飾り、神父に祈祷をしてもらって火葬にします。遺骨は骨壷におさめて家にもち帰り、日を改めて埋葬します。土葬の場合は、神父が祝福を与え、棺を入れて、参列者が土と花で埋めて祈ります。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク