キリスト教式葬儀

カトリック教会は、正統教義を信奉し、故人の信仰を尊重することから、教会で葬儀ができるのは、原則としてカトリック教徒だけです。プロテスタント教会の場合は、聖書のみが信仰の対象とされているために、規制は少なく、聖書による祈りが中心になります。そのために、洗礼を受けてない人や教会に行ったことのない人など でも、生前本人が希望していたり、遺言に記してあったりすれば、プロテスタントの教会ならどの教会でも引き受けてくれます。
 故人がカトリックであれば、遺族がプロテスタントであっても、カトリックの教会で葬儀を行なってもらえますが、遺族がカトリックで、故人が他の教派の場合は、原則としてはカトリックの教会で式をあげることはできません。プロテスタントの場合は、前述のようにどちらでもかまいません。

スポンサーリンク

キリスト教では通夜、納棺の儀などはありませんが、プロテスタントにかぎらず、カトリックでさえも、日本の仏式のしきたりを取り入れていますので、日程はほぼ仏式と同じです。
 本来は教会ですべて準備してくれるものなのですが、最近ではほとんどの場合、その教会に出入りしている葬儀社が準備しているようです。遺族側によほどの理由がない限り、出入りの葬儀社に頼んだほうが、要領を心得ていて、なにかと便利でしょう。
 以前は教会の関係者が準備や進行を引き受けてくれましたが、最近では仏式と同様に、故人に縁のある人が世話役として、儀式に直接関係のない受付や会計係などの仕事は分担するようになりました。世話役代表は、キリスト教のしきたりを心得ている信徒の友人、知入につとめてもらうとよいでしょう。
 葬儀の規模によって、世話役の数も違いますがほぼ仏式と同じと考えてよいでしょう。ただし、儀式に直接関係する進行係などは教会関係者にお願いします。
 キリスト教の葬儀はほとんどの場合教会で行なわれますが、弔問客はあるでしょうし、通夜をする場合もあるので、仏式の要領で家の内外を整理しておきます。必要な場合は葬儀社で黒い幕を張ってくれます。仏式や神式のように忌中札はかけませんから注意してください。
 臨終が近くなったら、カトリックは終油の秘跡、プロテスタントは聖餐式を、神父または牧師にきてもらって行ないます。
 医師によって死亡が確認されたら、体を清め、死化粧をして遺体を整えて、故人の生前好んだ衣服を着せます。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク