神式葬儀での葬場祭

葬場祭は仏式の葬儀と告別式を合わせたようなもので、葬儀全体のクライマックスともいえます。家の内外を整えたり、受付その他世話役の仕事の分担、会場の設営、 供花の並べかた、玉串奉奠の順番などほとんどが仏式に準じます。
 神式の白木の祭壇は、厳粛に死者の霊をまつります。棺は祭壇のいちばん奥の中央に安置され、棺を囲む壁には壁代(模様のついた幕)が張りめぐらされ、故人の姓名、役職名、勲功などを記した銘旗、忌竹が立てられ、しめ繩、黒白の鯨幕が張られて、祭 壇には遺影、供物、榊、燈明などが飾られます。これらの飾り付けは、事前の打ち合わせどおりに、すべて葬儀社で飾り付けてくれます。
 葬場祭の席次も仏式葬儀の席次と大差なく、祭壇の右側に、祭壇に近いほうから、喪主、遺族、近親者、と並び、左側に葬儀委員長、世話役代表、友人、知人、職場関係者と並びます。中央は玉串奉奠のために、人の出入りができるように空けておきます。
 そして、斎主と斎員(神職者)は祭壇の右に、左には楽を奏でる楽員が並びます。

スポンサーリンク

神社や葬儀の規模、日程などで多少の違いはありますが、一般的には次のようになります。
一同手水
 全員が手を清め、口をすすいで着席します。
神職者入場
 神識者の入場を進行係が告げると、参列者は起立してそれを迎えます。
開式の辞
 進行怖が開式の挨拶をします。内容は仏式の場合と同じでよいでしょう。
修祓
 斎主により、葬場、供物、参列者など、すべてがはらい清められます。参列者は頭を深くさげて受けます。
斎主一拝
 斉生が一拝し、参列者一同がこれにならいます。
奉幣、献饌
 楽が奏でられる中で、副斎生、斎員が神饌や幣帛を供えます。
斎主祭詞奏上
 葬場祭の中心になる部分で、もっとも厳粛な一ときです。斎生は故人の略歴、人柄、功績などを述べ、安らかな死を、そして、祖先の霊とともに遺族を守るように祈ります。その間、参列者一同は頭をさげています。
誄詞奏上
 副斎主が故人の一生を述べ、故人をしのぶ誄詞を奏上します。
弔辞、弔電披露
 弔辞を読む人や弔電の紹介は、すべて仏式と同じです。
玉串奉奠
 斎主が霊前に玉串を奉奠すると、それに続いて、参列者一同が玉串をささげます。
斎主一拝
 斎主が一拝したあと、参列者一同がこれに続きます。
撤幣、撤饌
 楽が奏でられる中を、副斎主、斎員によって、神饌、幣帛がのぞかれます。
神職者退場
 神識者が退場します。参列者一同は頭をさげてこれを送ります。神識者の退場をもって、葬場祭が終了します。
閉式の辞
 進行係が葬場祭閉式の辞を述べ終わると、一同は中央に向きなおり、告別式の準備をします。閉式の辞は仏式とほぼ同じように述べます。
告別式開始
 一般会葬者が玉串奉奠をします。遺族は一人一人に黙礼をします。玉串奉奠は、参列者の数だけ玉串を用意しておかなければならないので、準備がしにくく、最近では喪主、遺族、近親者、知人、友人など、重立った人だけが奉奠して、一般会葬者は、玉串のかわりに米を用いることが多くなりました。
閉式の辞
 進行係が閉式を告げ、告別式を終わります。
 棺が喪家をでて、火葬場または墓所に向かう儀式を出棺祭といいます。本来は夜に松明をかかげた葬列をなして向かったものです。しかし現在では火葬も埋葬も日中に行なわれるために、出棺祭は省略されることが多くなりました。その場合は、出棺の整調は葬場祭の祭調の中にふくまれて奏上されます。
 故人との最後の対面のしかたやくざ打ちのしきたりは仏式に準じて行なうのが一般的です。出棺時に松明の葬列はなくなったものの、その名残りか、霊柩車までは先導者、斎員、斎主、棺、喪主、遺族、近親者と葬列を作る地方もあります。出棺前には仏式と同様に、喪主または遺族代表が挨拶をします。火葬場に向かう車の乗り方も、仏式と同じと考えてよいでしょう。
 遺族は遺影をもち、その他にも銘旗や花、玉串などをもって行きますが、すべて葬儀社の人が整えてくれます。茶菓や心付けを持参するのも仏式と同じです。
 出棺したあと、家に残った親戚や世話役は、家の外回りや家の中の祭壇を取りはずして清掃をします。そのあとで正式には関係者一同が手水をし、葬場祭にたずさわらなかった修祓係の神識者に、祓詞奏上によって、家の内外とともにはらい清めてもらいます。そのあとで霊屋または遺骨を迎えるための祭壇を作り、供花や榊などを用意しておきます。
 火葬祭は、火葬する前にかまどの前に安置した棺に銘旗や花を供え、参列者が手水をすませると、斎主の祭詞奏上があり、一同が拝礼、玉串奏奠をします。以上が終わると火葬に入ります。骨揚げは仏式と同じです。
 神式の場合は、火葬が終わったら、その日のうちに埋葬するのがしきたりですが、最近では一度家にもち帰り、五十日祭ごろに、改めて埋葬するケースがふえてきました。埋葬祭は、他の祭式と同じように、遺骨を墓所におさめてから、斎主祭詞奏上、玉串奏奠があります。墓所におさめられた遺骨に、参列者が一にぎりずつ土をかけるしきたりが所によっては行なわれています。
 埋葬または火葬をすませた参列者一同は、家に残っていた修祓係の神職者に、入り口でおはらいで清めてもらい、手水で清めて家に入ります。新しい祭壇に霊屋や遺影を飾る奏幣献饌が行なわれ、斎主の祭詞奏上、一同拝礼、玉串奏奠で帰家祭は終わります。
 今まで順を追って説明してきたのは一般的な例ですが、遺族や斎場、火葬場などの都合で、葬場祭が遅れる場合には、火葬を先にすませて、遺骨で葬場祭を行なうことがあります。式次第は順序が入れかねるだけでほぼ同じです。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク