神式葬儀

神式では葬儀に関するすべての儀式を神葬祭といいます。仏式が故人を極楽浄土に送る儀式であるのに対して、神式の場合は遺体こそ墓におさめますが、その霊はその家にとどめて、祖先の霊とともにまつる儀式です。しかし、神仏混合の時代が長く続いていたので葬儀の儀式も呼び名こそ違いますが、方法についてはそれはどの差はありません。
 葬儀のための家の外回りについては、仏式とかわりありません。葬儀社の人と相談しながら人の出入りに差し障りがないように整えます。
 祖霊舎は祖先の霊がまつってある神棚のことで仏式の神棚封じの要領で、半紙を縦に貼ります。また、部屋の回りにはしめ繩を張りめぐらしますが、現在では省略されることが多くなりました。玄関には、仏式と同様に忌中札をかけます。
 神式の場合は、神社で葬儀を行なうことはなく、自宅、集会場、斎場などで行ないます。神式の場合は、仏式より祭壇が簡素なのですが儀式は煩雑です。現在ではだいぶ簡略化されてきましたので、どの程度の規模でやるかによって日程はかわってきます。一般的には、死亡当日が枕直しの儀、翌日が通夜祭、選霊祭、次の日が葬場祭、出棺祭、後祓の儀、火葬祭、埋葬祭、帰家系となりますが、死亡当日に通夜祭をしてしまい、翌日に選霊祭をすることもあります。神社や葬儀社の人と相談して決めるとよいでしょう。

スポンサーリンク

神職者は、すべての儀式に招くのが原則なのですが、現在では簡略化されて、通夜祭に続く選霊祭、葬場祭から帰家祭までが一般的のようです。
 仏式が経かたびらなのに対して、神式の場合は白もめんの小袖を着せますが、現在では、故人の好きだった衣服を着せます。納棺のときに、葬儀社で用意してくれた小袖を上からかけるのが一般的になりました。遺体は白いシーツを敷いたふとんに寝かせ、白いカバーをかけた薄手の掛けぶとんをかけます。
 遺体は仏式と同じように北枕に安置し、守り刀を用意します。枕元には白無地の逆さびょうぶと、供物を供えるための小机に白布をかけておきます。葬儀社に頼むと案と呼ばれる白木の八足台を貸してくれます。その台の上に三方を置き、その上に水、塩、洗い米、お神酒をのせ、榊とろうそくを供えます。これを枕飾りといいます。枕飾りのあと、遺族、近親者、親しい友人が故人の安らかな死を祈ります。これが枕直しの儀です。
 手水の儀は、神式葬儀独得のもので、納棺の儀、通夜祭、選霊祭、葬場祭とすべての儀式の前に行なわれる、身を清める儀式のようなものです。神式の葬儀がけがれをぬぐい去り、身を清めることから始まるといわれるのもこのためでしょう。心身を清めることを重視する神道特有のしきたりといえます。
 玄関先に水を入れた手おけやバケツ、ひしやく、二つに折った手ふき用の半紙を用意しておきます。まず右手でひしやくをもち左手を洗い、次に右手を洗い、右手にひしやくをもちかえ、左手で口をすすぎ、手をふきます。
 枕直しがすみ、忌服に関係のない代理人が、氏神や近くの神社に出向き死亡したことを知らせると、神識者が遺族にかわって、神へ奉告してくれます。これが帰幽奉告の儀です。納棺がすんでから行なう場合もあります。
 納棺から出棺までの間の朝夕に、故人が好んで食していた食べ物、常饌を、故人の使用していた食器に盛り付けて供えます。これを柩前日供の儀といい、常饌は精進料理に限りません。
 死亡当日が通夜の場合は、納棺の儀は枕直しの儀に続いて行なわれますが、翌日の場合は、納棺の儀も翌日の通夜の前に行なわれます。この儀式は、文字どおり遺体を棺におさめる儀式で、本来ならば神職者を呼んで行なうのですが、最近では、遺族と葬儀社の人で行なうことかほどんどです。
 遺体を棺におさめ、回りに白菊などを飾り、白布でおおい、殯室と呼ばれる通夜を行なう部屋に移し、祭壇を設け、その中央に棺を安置します。祭壇作りは、すべて葬儀社で整えてくれます。
 遺体の安置が終わったら、遺影と供物を供えて、喪主から順番に二礼二拍手一礼をしのび手で行ない、最後に再び喪主が拝礼し、一同がこれにならいます。
 二礼二拍手一礼は神式の拝礼のしかたで、まず深めに二回おじぎをして、二回かしわ手を打ち、もう一度おじぎをします。
 ふつうのお参りはパンパンと音を立てて手を合わせます。これがかしわ手です。しのび手はこれとは反対に、手が合わさる寸前で止めて音を立てません。
 神式の場合は、火葬が終わるとそのまま墓所に行き、埋葬するのが本来の形式なので、その前に神識者に墓所を清めてもらうのがこの儀式です。依頼には忌服に関係のない代理人が行きます。しかし、この儀式も最近では省略されることが多くなりました。
 祭壇一の前で斎主(儀式をつかさどる神職者)が生饌か常饌を供え、祭詞をとなえて拝礼をし、続いて喪主から血縁の濃い順番に玉串をささげます。玉串は榊に四手をつけた物で、これを祭壇にささげます。これを玉串奉奠といい、仏式の焼香にあたる儀式です。
 神職者から枝の根元を右、枝先を左にして、根元を右手で上から、枝先を左手で下からささげもつようにして受け取り、玉串案の前まで進み出て根元を手前、枝先を向こう側にして、右手と左手をもちかえます。次に「の」の字を書くように玉串を回して、根元を向こう側、枝先を手前にして玉串案に置きます。玉串はいつも水平に保ちます。
 正式には棺のある殯室とは別に、仮霊告をおく部屋を用意し、家中の電燈を消して行なわれます。まず斉主が棺の前にある、仏式の位牌にあたる霊屋の正面を棺に向けて、故人の霊が霊屋に遭るように、遷雪洞をとなえます。霊の選った霊屋を仮霊舎におさめ、明りがつけられます。一同は仮官舎の前に座り、拝礼、献饌、祭洞奏上と続きます。このとき一同は深くおじぎをしています。最後に参列者一同が玉串奉奠をして終わります。以上で遺体はなきがらとなり、霊が守護神として家に残ることになります。最近は仮霊舎はおかないで、棺の前に霊屋を置くだけのことが多くなりました。通夜祭、選霊祭のあと通夜ふるまいが行なわれますが、やりかたは仏式の場合と同じです。
 遷霊祭をもって守護神となった故人には、男性なら「命」、女性なら「刀自命」、「姫命」と、仏敬でいう仏名のような敬称がつけられます。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク