納棺まで

湯灌が終わり、死装束のすんだ遺体は、北枕にして敷いたふとんに寝かせます。シーツは新しい物がなければ、洗濯のしてある清潔な物にします。掛けぶとんは夏掛などの薄手の物を用意しましょう。
 北枕に寝かせた遺体は、両手を胸元で合掌させ、所によっては数珠をもたせます。
 古くからのしきたりで、極楽に行くのをさまたげる悪霊をふせぐために、遺体に短刀をもたせます。さやから半分ほど出した短刀を胸元に置いたり、枕元に置いたりします。短刀にかわる物として、はさみやかみそり、ナイフなどでもよいのですが、現在では葬儀社が木刀を用意してくれます。
 遺体の枕元には、枕飾りとして、次の物を用意します。
 台として白木の箱か小机に白布をかけ、燭台とろうそく一本、仏壇に置かれている鈴、線香立てには線香を一本だけ立てておきます。故人が日頃使っていた茶わんにご飯を丸く 盛り、箸をまっすぐに立てた枕飯、コップまたは湯飲みに入れた水、一本しきみ、これはしきみという植物を一本飾るのですが、手に入りにくいので菊一輪で代用してもかまいません。
 以上のほかに、枕だんごといって、上新粉で作っただんごを、白紙を敷いた三方にのせて飾ることもあります。
 逆さびょうぶは、故人の枕元に、びょうぶを逆さにして置くのですが、現在ではびょうぶのない家が多くなったので、使わないこともあります。 枕飾りは、葬儀社に頼めば、茶わんや箸をのぞいて、一式用意してくれます。

スポンサーリンク

枕飾りが終わると、僧侶を呼んで、枕元でお経をあげてもらいます。これを枕経といい、故人を とむらう初めてのお経です。遺族は僧侶の後ろに控えて故人の冥福を祈ります。この儀式を枕づとめといいます。最近では枕経を省略して、通夜にあげてもらうことが多くなりました。
 枕経から憎侶との付き合いが始まり、通夜、葬儀、告別式、法要と続きます。
 告別式までの謝礼は、告別式が終わってからまとめてするのがふつうですが、別に「御車料」「御足衣料」などとしてお金を包みます。交通費のようなものですが、迎えの車を差し向けた場合でも包むのがて一般的のようです。
 死亡した日の夜は、仮通夜といって、遺族、近親者だけで最後の別れをおしみ、一夜をともにすごします。地方によっては、その夜は遺体と枕を並べて寝る習慣もあります。また、遠方からかけつける近親者に対する配慮でもあるのでしょう。
 しかし、最近、特に都会では、葬儀が簡略化される傾向にあり、枕づとめのあと、すぐに納棺をすませて通夜を行なうことが多くなりました。また、夏は遺体の保存がむずかしいので、当日通夜にする場合も多くあります。
 仏名は枕経によって仏の弟子になったしるしとして与えられるもので、真言宗、天台宗などでは戒名、日蓮宗では法号、真宗では法名と呼ばれています。昔は身分や位によって格付けがありましたが、現在は主に金額によってわけられています。
 本来は生前にもらっていたものですが、現在では枕経のあとに僧侶につけてもらいます。しかし一般的にはその場ではなく、翌日の本通夜、死亡当日が通夜であれば、翌日の葬儀までに、白木の位牌に書いてきてくれます。
 白木の位牌は葬儀社に用意されている物の中から選びます。
 戒名の最上位は院殿号で、○○院殿○○○○大居士、女性は大姉と呼ばれ、昔は天皇、皇后、大名とその夫人などに限られていました。
 現在ではそのお寺に貢献した人、社会的に貢献した人にさずけられますが、ごくまれにしかありません。
 次が院号で○○院○○○○居士、女性の場合は大姉で、昔は武家にさずけられました。現在は院殿号と同様に、社会やその寺に貢献した人につけられます。
 信士(信女)が昔も今もごく一般的にさずけら れる戒名です。
 子供の場合は男の子が童子、女の子が童女、乳児は孩子、孩女となります。
 ○の部分の字のつけかたは、宗派によって異なります。
 仏名は改名できないことになっていますから、違う宗派の戒名をつけてしまうと、お骨を埋葬するときなどに、寺で拒否されることかあり、トラブルのもとになります。わからないときには、何宗でもかまいませんから、俗名のまま葬儀を終え、宗派がわかってから戒名をつけてもらいます。
 また、故人の遺志によって戒名をつけない場合も、俗名のまま葬儀をします。
 戒名を書いてある白木の位牌は、納骨までは遺骨、遺影とともに祭壇に飾っておきますが、納骨、埋骨のときに寺におさめます。
 それ以後は、位牌は黒ぬりの物に替えて、仏壇に飾ります。
 故人とごく親しい人は、訃報を耳にすると、すぐかけつけてくれるでしょう。
 もし、遺体を整え終わっていなければ、まだ準備ができてないのでなどと断わって、控室でお悔やみの言葉を受けます。どうしても対面してもらいたい人であれば、待ってもらいます。
 ただし、遺体との対面は悲しみを新たにするので、むりにはすすめないほうがよいでしょう。
 棺の底には、白い薄手のふとんか、一重ぶすまと呼ばれている三尺三幅の白もめん、または白い毛布などを敷きます。経かたびら、手甲脚絆、白たび、わらじ、頭陀袋、六文銭などといっしょに、すべて葬儀社で用意してくれます。
 遺族は故人が生前愛用した物や愛読書など、遺体といっしょにおさめる物を用意しますが、金属製やガラス製の燃えにくい物は避けましょう。
 これらの遺品は、出棺時に入れる場合もあります。
 正式には、僧侶のあげる納棺経の中で、遺族、近親者、それに葬儀社の人の手を借りて納棺しますが、納棺経はあげない場合も多くあります。
 棺におさめられた遺体の回りには、白菊など生花や、故人が生前愛用していた物を入れ、蓋をします。このときは、くぎは打たないでおき、上から金欄の棺おおいをかけ、通夜の行なわれる部屋の祭壇に、北または西の方角に頭を向けてまつります。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク