社葬・団体葬

社葬や団体葬は、故人が勤務していた会社、あるいは所属していた団体に貢献した場合や、勤務中の事故で死亡した場合などに、会社あるいは団体が主催して行なう葬儀をいいます。
 主催は会社であっても、喪主は当然遺族がなります。そして、葬儀委員長は会社の重要なポストにいる人がなるのが一般的です。
 主催が会社である以上、葬儀の規模、会場、葬儀社の決定などすべてを遺族にかわって行なうわけですが、遺族が実際の当事者である以上、会社が勝手に決めるわけにはいきません。遺族の意向を十分に含んで行ないます。

スポンサーリンク

世話役は、故人の勤めていた会社の総務関係の社員や直属の社員が中心になりますが、弔問客は会社関係の人たちだけではなく友人や隣人もいるわけですから、その人たちに失礼がないように、受付は社員のほかに、故人の知人関係に詳しい人、親戚、隣人にも頼みます。
 また、接待、台所係なども、会社の女性社員だけよりも、その付近の地理に詳しく、故人の家と親しく付き合っている近所の主婦にも加わってもらったほうが、台所内の事情にも精通しているので、手ぬかりなく事をはこぶのに役立つでしょう。
 いずれにしろ、会社が主催するからといって、会社サイドだけで事を運ぶわけにはいきませんから、遺族と相談して、知人、友人、隣人にも手を貸してもらうことになります。
 社葬だからといって、特別な葬儀方法があるわけではなく、個人葬と同じです。
 ただ、社葬の場合はその会社の沽券にもかかわってきますので、盛大に行なわれるのがふつうで、弔問客も多く、仕事が煩雑になります。世話役もある程度の人数を揃えておきます。
 葬儀委員長はいわば名誉委員長で、実際に仕事をするわけではありませんから、世話役が多い場合は、各係ごとに葬儀委員として、実際に仕事をする人のほかに統率者が必要です。葬儀委員は、会社の規模、葬儀の規模、故人の会社でのポストなどで違うので、いちがいにはいえませんが、部課長クラスがふつうのようです。また、世話役と葬儀委員を同じ意味に使う場合もあります。
 社葬として葬儀を行なう以上、それにかかる費用は、すべて会社が負担すると考えてよいでしょう。茶菓代、お弁当などの食事代、心付けなど、現金が必要になりますから、前もって会社から仮払いをしてもらいます。心付け用の不祝儀ののし袋の用意もしておきます。
 個人葬の場合は、香典は施設などに寄付する遺族もたまには見かけますが、ほとんどの場合、葬儀代に当てられます。しかし、社葬は葬儀代は会社で払うのだから、香典も会社の物というのは筋違いで、香典は遺族の手に渡すのが順当です。
 葬儀が終わったら金品の精算をし、遺族に伝えるべきことは伝え、自宅の場合は葬儀社といっしょに後片付けをし、斎場などの場合は遺族を自宅まで送り届ける心づかいも必要です。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク