喪主と世話役

催事には必ず主催者がいるように、葬儀にも主催者が必要です。それが喪主です。喪主は遺族を代表して葬儀を行ない弔問を受けますが、実際的なこまごました仕事は、世話役がやってくれます。
 家族制度が確立していた戦前は、法律上の相続人が喪主とされ、主人が死ぬと、喪主は長男、長男が死亡していたり、不都合があった場合は、次男、三男、長女という順序になっていました。現在のように妻が喪主になるのは、子供がいない場合だけでした。
 現在では、主人が死ぬと、妻が喪主になり、妻がすでに死亡している場合は、子供の中で同姓を名のる者、一般的には長男が喪主なります。場合によっては、他家に嫁いだ娘でもかまいません。配偶者、子供のいない場合は、兄弟がなります。
喪主の役目を果たせない幼児や高齢者は、血のつながりが濃い場合であっても避けるべきです。

スポンサーリンク

喪主が葬儀の主催者ではありますが、肉親を失った悲しみや看病疲れ、弔問客の応対などで、実際の葬儀の進行にまでかかわるのは不可能といえます。これをとりしきるのが世話役です。
 世話役は遺族にかわって葬儀をとりしきるわけですから、故人、遺族ともに親しく付き合っていたことが第一条件になります。次に、煩雑な、種々の事柄を手ぬかりなく、労をおしまずにやってくれる人が適任です。一般的には、町内会や近所の人たち、親戚、友人、勤務先の人などが引き受けてくれます。
 どんなに小さい葬儀でも一〇人以上は必要ですが、葬儀の規模、弔問客の予想人数などに合わせて、人数を決めていきます。
 世話役は葬儀の進行上重要な役割なので、遺族はそれ相応の人と見込んで頼んでくるわけです。でき得る限り、引き受けてあげたいものです。しかし、楽な仕事ではありませんから、体の具合が悪いときなどは、理由を説明して断わるようにします。葬儀の途中で倒れたりしたのでは、遺族や他の世話役に、二重の負担をかけることになりかねません。
 世話役の中から、世話役代表を決めます。実際上は、この世話役代表が、喪主や遺族にかわって葬儀進行上のいろいろな決定をするわけですから、喪主や遺族の事情をよく知っていて、緊密な連絡の取れる、親しい間柄であり、世話役をリードしていくことのできる、人生経験豊かな人が理想的です。
 一般家庭の葬儀では、葬儀委員長を立てることはあまりありませんが、社葬や団体葬、知名度の高い人の葬儀では、ほとんどの場合立てているようです。
 葬儀委員長はいわば名誉委員長的な色彩が強く、実際の進行にたずさわることはありません。一種の権威づけの意昧もありますから、会社や団体の代表者、社会的地位の高い人、知名度の高い人で、しかも故人と縁故の深い人になってもらうのが一般的です。
 世話役にはたくさんの煩雑な仕事がありますから、その内容によって、仕事の分担をあらかじめ決めておくとよいでしょう。
 世話役代表は葬儀全般に心を配り、その進行をつねに把握していなければなりません。
 通夜、葬儀、告別式前には、遺族、葬儀社、僧侶などと打ち合わせをして、当日行き違いのないよう手はずを整えます。また、各係と連絡を取り、準備に手ぬかりがないかを確かめます。
 当日は僧侶や来賓に挨拶したり、式次第の中で会葬者に挨拶をしたりします。火葬場まで同行し、火葬許可証を提出し、埋葬許可証をもらったり、僧侶、火夫、運転手に心付けを渡すのも世話役代表の仕事です。
 受付係は会場入口に設けられた受付にいて、弔問客の氏名、住所の記帳確認、香典、供物の記帳が主な仕事です。
 受付係は原則的には、近親者は避けたほうがよいでしょう。近親者が受付にいれば、弔問客はそこでお悔やみを述べることになり、弔問客の流れがとどこおってしまいます。
 受付係に決まったら、通夜や葬儀の前に、葬儀社と打ち合わせて、テント、筆記用具、記帳簿、携帯品預りなどの準備をしておきます。通夜、葬儀、告別式が始まったら、受付で弔問客、香典の記入、弔電、供物、供花、香典をそれぞれの係に回し、出棺を見送ってから、記帳簿を整理します。この記帳簿は会葬礼状を出すときに必要になりますから、きちんと整理しておかなければなりません。
 進行係は司会が主な役割ですが、遺族や僧侶、葬儀社と緊密な連絡を取りながら、全体の進行に気を配り、予定時間のとおり進めなければなりません。できれば葬儀の世話役をすでに経験している人が好ましく、また弁の立つ人がよいでしょう。世話役代表が兼任することもあります。
 通夜、葬儀前に、葬儀社と進行の打ち合わせをし、焼香順位、席順、弔辞依頼者を遺族と相談し て決めます。
 当日は司会のほかに、僧侶を席に案内したり、進行状況を各係に連絡したり、弔電の整理、火葬場まで行く会葬者の確認などをします。また、進 行が遅れた場合の処置、たとえば火葬場への連絡などもしなければなりません。
 会場係は弔問客を会場内の予定された席に案内するのが主な役割ですから、故人の知人、友人関係に詳しい人が望ましく、親戚関係、友人、勤務先関係のそれぞれから手を貸してもらうとよいでしょう。
 通夜、葬儀、告別式の前には、家の中を整頓して、神棚封じや忌中札貼り、控室の準備、焼香の準備などをします。
 当日は弔問客を誘導し、とどこおりなく焼香が行なわれるように配慮し、出棺後は場内を清掃し骨迎えの準備をし、骨迎えの際には清めの塩をまきます。
 会計係は前もってお金を預かり、お金の出納を扱うので、親戚が引き受けることが多いようです。
 葬儀に関係した出費、飲食費や葬儀社、僧侶などの支払いは、遺産相続のときに債務控除になりますから、必ず領収書をもらっておきます。
 この係は、手違いや記帳違いを防ぐために、二人以上の人になってもらうとよいでしょう。
 通夜、葬儀、告別式の前には、遺族からいくらかお金を預かっておき、筆記用具など必要な物の購入、接待用の茶菓、弁当、通夜ぶるまい、精進落としなどの料理の手配、心付けの用意などをしておきます。
 当日は香典帳を整理計算し、支払いをすませて精算をします。
 接待や台所係は一般的には、遺族と親しい隣近所の主婦や親戚の女性が受けもちます。主に台所でお茶やお酒の準備をして、控室などで接待をします。
 事前に会計係と打ち合わせて、茶菓、弁当、通夜ぶるまい、精進落としなどの用意をします。什器を揃えるのも大切な仕事です。
 当日は僧侶、弔問客の接待ばかりではなく、火葬場にもっていく茶菓を準備したり、遺族、世話役の食事にも気を配ります。
 葬儀の規模によっては、供物、供花の整理や花に水をやったりする供物、供花係、自動車でくる人のために駐車場の手配、送迎用の自動車の手配、自動車の誘導、弔問客の自動車の呼び出しをする自動車係、いろいろな届け出をする書類係、写真係、毛筆での筆記係などの人が心要になってきます。
 葬儀社でどのくらい手を貸してくれるかということもあるので、葬儀社との打ち合わせで決めます。
 世話役同士が必ずしも顔見知りとは限りません。故人の交際範囲が広かったり、葬儀の規模が大きかったりすればするほど、世話役も各方面の人の寄り合い所帯になります。
 たくさんの人が出入りする葬儀の忙しい最中に世話役同士で相手が何係かわからないのでは、進行がスムーズにはこびません。そこで何係であるか識別できるような、記章やリボンを目印としてつけておくと、世話役同士だけでなく、弔問客とのコミュニケーションにも役立ちます。リボンなどは葬儀社で用意してくれます。
 煩雑な雑務を手違いなく行なうためには、あらかじめ、周到な準備をしておくことが大切です。

冠婚葬祭
肉親の危篤と臨終/ 死亡の確認と届出/ 遺体の引取と死亡の通知/ 喪主と世話役/ 葬儀方法の決め方/ 社葬・団体葬/ 葬儀社選び/ 葬儀の準備/ 納棺まで/ 通夜/ 葬儀/ 告別式/ 神式葬儀/ 神式葬儀での葬場祭/ キリスト教式葬儀/ カトリックでの葬儀/ プロテスタントでの葬儀/ 僧侶への謝礼/ 葬式後の始末/ 埋骨と納骨/ 弔問/ 香典と供物/ 葬儀、告別式での弔問/ 神式の弔問/ キリスト教式の弔問/ 法要/ 年忌法要/ 神式やキリスト教での法要/ 仏壇と神棚の購入/ 墓地と墓石の購入/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク