好かれる人に

 好ましい男性が現われた時、女性は変わるといいます。女っぽくなるといわれます。同じような話をよく耳にします。
 それまでジーパン姿でイスにあぐらをかくように坐っていた人が、スカートをはいて形よく坐るようになった話。食事の後かたづけもしなかったのに、急に料理に興味を示し出した話。いつも「そんなことを判ってるっ」「いちいち干渉しないでっ。ウルサイわね」と家族のいうことなどきこうともしなかった娘さんが、「ああ、それもそうね」と少しは返事らしい言葉もいうようになったとか。
 あなた自身でも「私は変ったみたい」と感じる時があるでしょう。そうなんです。あなたは「カレに好かれたい」と思いはじめているのです。どれは年頃の女性の自然な感情です。

スポンサーリンク

 自分が好きな人、自分に関心を持ってもらいたい人に対して「よく思われたい」と心のうちで願うようになります。そして自分の一番いいところを出そうとします。相手への細かい心づかい、表情や仕ぐさ、言葉を使うにしても、一生懸命に美しく優雅にしようと努力します。それが女性を変身させているのです。でも、本当にそれだけでいいのでしょうか。
 「カレだけに好ましく思われれば、ほかの人がどう思おうと関係ないわ」と、あなたが思っているとすれば、それはとんでもない錯覚です。ほかの人に好かれないようなあなたでは、カレも好ましく感じてはくれません。みんなに好かれるような人にならなければダメなのです。
 では「みんな」とはダレとダレなのでしょう。あなたが日ごろ、言葉を交わす人達のことでしょうか。家族の人達、職場の男性や同僚達。あなたが思い浮かべている人達だけなら、それは余りにも狭い、小さい範囲です。あなたが直接、言葉を交わさない人でも、実に大勢の人達から、あなたは見られているのです。あなたを見ているそんな多くの人達が「みんな」なのです。
 朝、あなたは家を出ます。ご近所の方と道で出会います。通勤の電車に乗ります。車内でもあなたは見られているのです。そして勤め先でも、会社の人々 (他の部課の人や)、社外の人人(お客さま)の目にふれています。数え切れないほどの沢山の人々が、あなたにとっての「みんな」なのです。
 「お向いの娘さんたら、道で会っても、あいさつもしないのよ。こちらが声を掛けているのに」
 「受付のあの女の子、訪問客に見向きもしない。社内の男性とはベタベタ話をしているのに」
 「彼女、このごろボクの机をふいてくれてるのかな、どうやらアイツのところだけはバカ丁寧に掃除しているみたいだが」
 こんな陰口をみんなからされるようになっては、どんなにカレのために心を使ってもダメなのです。
 「人に好かれよう」「好かれるような人になりたい」こんなふうに思う時、それは豊かな充実感があります。幸福感すら覚えるでしょう。いつも、どんな人に対しても、そんな気持ちでありたいと思います。そうすれば、生きている幸せが体の中にあふれて、顔が美しく輝きます。

冠婚葬祭
好かれる人に/ 微笑めば美人/ フィーリング思考/ 言葉づかいで左右/ 雰囲気のいい人/ 優しい感じはどこから/ 素直さと謙虚さを/ 身だしなみと服装のポイント/ 男性の見る目/ 結婚前と後の心構え/ 化粧、装いは誰に見せるの/ 好まれる薄化粧と清潔さ/ お化粧のポイント/ 装いのTPO/ 美しい見のこなし方/ 洋室での立居振舞/ 和室での立居振舞/ 日本茶と生活/ お茶の社交的な役割/ お茶の葉の種類/ お茶の温度とタイミング/ お茶の入れ方/ お茶の出し方/ 茶菓の頂き方/ オフィスでのお茶/ 活け花/ 活け花を毎日活け替える/ 活け花は嫁入り資格だけではダメ/ 活け花は来客用だけでなく/ 職場の活け花/ 一人で美しく着物を着るために/ 着付けの準備/ 着付けの順序/ 着付けでのその他の心得/ 食事のマナーは他人に不快感を与えない/ 和食の作法/ 洋食のマナー/ 食事マナーの心得/ 電話は怖い/ 電話のルールを守ろう/ 電話対応の実際/ 訪問のルール/ 訪問時の心得/ 訪問時部屋に通されたら/ 訪問時の注意点/ 訪問者をもてなす心得/ 仕事での訪問心得/ 会話の中身は/ 社交としての会話/ 会話で得るもの/ 楽しい会話にするために/ 会話で避けたいこと/ 話題の作り方/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク