年忌法要

 仏教では、死後7日おきに7回、あの世で生前の罪に関しての裁判が行われるといわれています。法要は、その故人の罪をできるだけ軽くしてもらえるように冥福を祈って営むもので、死後7日おきに行います。三十五日か四十九日で忌明けの法要を行った後は、新盆や百か日をはさんで、一周忌からは年忌法要となります。
 神式では法要にあたるものとして霊祭を、キリスト教では、プロテスタントなら記念祭、カトリックなら追悼ミサを行います。

スポンサーリンク

 仏式の場合、三回忌までは親しい人も招く。
 初七日の法要は、葬儀が終わったあと行うことが多く、その後7日おきの法要はたいてい身内だけで、三十五日の五七日か四十九日の七七日を忌明けの法要として盛大に営みます。その後、死亡の翌年の祥月命日の一周忌も必ず行います。翌年の三回忌までは故人と親しかった人も招きますが、七回忌以降は身内だけで行うことが多いようです。七、十三、十七、二十三、二十七、三十三、三十七、五十、百回忌と続き、たいていは三十三回忌くらいで終わらせます。
 法要に招かれたら、「御仏前」「御供物料」などの表書きで、たいてい現金を包みます。のしはつけず、水引は結び切りで、色は白黒、双銀、双白、白黄など。白黄は関西でよく使われます。
 金額は、故人との関係によりますが、香典の半額程度といわれています。会食などの接待も受けるので、1万円程度は包むようです。なお、法要には欠席するが供物を届けたいという場合は、花や線香、果物、お菓子などを選びます。
 神式の場合、年忌法要にあたる式年祭。
 神式では、葬儀翌日の翌日祭から十日おきに五十日祭まで霊祭を行い、神官、近親者、友人などを招いて営む五十日祭で忌明けとみなします。百日祭の後の霊祭を式年祭といい、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭と続きます。式年祭をとり行った後は、会食の席を設けますが、盛大に行うのは十年祭ごろまでです。
 招待されたら、やはり供物より現金を包むことが多いようです。表書きは「玉串料」「神饌料」「御榊料」などとします。「御神前」の表書きも使えます。水引は仏式に準じ、のしは不要です。供物を贈る場合は、果物、お酒などを。
 キリスト教式の場合、追悼ミサや記念祭を。
 カトリックでは、死後3日、7日、30日1年目に教会で追悼ミサを行います。プロテスタントでは、死後1週間か10日後、または1か月後の召天記念日に記念祭を行います。年忌法要や式年祭のような決まりはありませんが、死後1年目、3年目、5年目といった区切りのよい年に、故人を追悼する集まりがもたれるようです。
 本来は現金を包む習慣はありません。しかし最近では、追悼ミサや記念祭の後、会食の接待があることが多いので、その場合は、「御花料」として現金を持参するのが一般的です。のし、水引は不要。白無地袋か、白封筒を用います。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク