香典返し

 無事に葬儀を終え、忌明けを迎えることができたお礼に、供物や供花、香典をいただいた人へ、礼状とともに香典返しを贈ります。
 仏教では、近親者に死者が出た場合、喪に服して故人の冥福を祈るとされ、死後―年間を「喪中」、その間、四十九日までを「忌中」、残りを「服喪期間」といいます。この四十九日の忌明けには、盛大な法要を営みますが、香典返しも、たいてい四十九日が明けてから贈ります。

スポンサーリンク

 葬儀のときの香典帳や供物・供花帳などを調べ、お返しもれのないように気をつけましょう。配送は葬儀社やデパート、贈答専門店に頼むと、あいさつ状を添えて送ってくれます。弔電だけの人へも、お礼状は出しておきましょう。ただし、神式やキリスト数式のあいさつ状では、仏教用語を使わないよう注意します。
 なお、会社や団体などからいただいた不祝儀へは、お返しは基本的に必要ないとされています。
 香典返しは、いただいた額の半分程度、半返しが一般的といわれています。ただし一家の経済的支柱だった人が亡くなった場合などは3分の1程度でもよいとされています。
 贈る品は、いただいた金額に応じ、2〜3種類の品物を選ぶ方法もありますが、最近では皆一律の品を贈ることが多いようです。また、先方の好みなどにあまりとらわれず、お茶や海苔、タオルやシーツ、せっけんなど実用的な品がよいでしょう。
 仏式の場合、仏教では死後7日おきに法要を行いますが、四十九日か、その前の三十五日に忌明けの法要を営んだ後、1週間以内に香典返しを贈ります。表書きは「志」のほか、関西では「忌明」「忌明志」「満中陰志」なども。ただし、「粗供養」は適切ではありません。表書きの下には、喪主の姓か「○○家」と書きます。水引は結び切りで、白黒、双銀、関西では白黄が多いようです。のしはつけません。
 神式の場合は仏教の法要にあたるものとして霊祭があり、死後十日ごとに五十日祭まで霊祭を行います。五十日祭または三十日祭の後を忌明けとみなし、不祝儀へのお返しを贈ります。表書きは「志」のほか、「偲草」「しのび草」「茶の子」などとし、水引は結び切り、色は双星が多いようですが、白黒でもかまいません。のしは不要です。
 キリスト教式の場合はキリスト教では、忌明けにあたるものがないので、仏教の香典返しのように不祝儀へのお返しは、本来必要ありません。しかし日本では、あいさつ状を添え、お礼の品を贈ることが多いようです。贈る時期は、カトリックでは死後三十日目の追悼ミサの後、プロテスタントでは死後1か月目の召天記念祭の後にするのが一般的です。表書きは「志」「召天記念」などで、水引は双星または白黒・結び切り、のしはつけません。水引をかけない場合もみられます。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク