僧侶・神官・教会へのお礼

 葬儀が終わったら、僧侶や神官、牧師や神父へ謝礼を包みます。お寺や教会を式場として借りた場合、規定の席料を支払いますが、それとは別に謝礼を渡します。葬儀のお礼や支払いはなるべく早めに。とくに僧侶などへの謝礼は、式終了後か、あるいは翌日、お寺や神社、教会へ持参します。金額は、規定があればそれに従います。
 「お志で」と言われたら、葬儀社や宗教団体の世話役の人などに相談してみるとよいでしょう。最近では、宗派を問わず、白無地袋に入れて渡すことが多いようです。表書きは宗教によって異なりますが、「御礼」はどの宗教でも使えます。文字は薄墨ではなく、ふつうの濃さの墨で書きます。

スポンサーリンク

 仏式の場合、お布施は白無地袋で
 謝礼の表書きは「御布施」が一般的ですが、「読経料」「御回向料」などでもかまいません。式場を借りたお礼は「御席料」と別にするか、または謝礼と式場使用料をまとめて「御礼」とします。不祝儀袋に入れることもみられますが、お寺に不幸があったわけではないので、白無地袋か市販のお布施用の袋のほうがよいでしょう。ていねいにするなら、半紙で中包みをし、奉書紙に包みます。折り方は慶事用(右前)で水引はかけません。
 謝礼の金額は、お寺の檀家であるかどうか、僧侶の人数、戒名の位などによって異なります。たとえば東京では、導師(中心となる僧)には10万円〜、副導師はひとり5万円〜、他に「御車代」として5千〜1万円を包むといわれます。まとめて渡す場合は20万〜50万円あたりが多いようです。
 なお、通夜では僧侶も接待しますが、通夜ぶるまいを辞退された場合は、「御膳料」として5千〜1万円を包みます。
 神式の場合、お礼のほかに車代も
 お布施と同様、半紙の中包みに入れ、奉書紙で包むか、白無地袋を用います。表書きは「御礼」のほか「御祈祷料」「御祭祀料」「御榊料」「神饌料」「玉串料」などとします。金額の目安は、東京では、斎主(中心となる神官)へ10万円程度、その他の神官へひとり5万円前後といわれ、ほかに「御車代」として5千〜1万円包みます。
 キリスト教式の場合、オルガン奏者、聖歌隊にも
 キリスト教では、教会への謝礼は献金という形をとります。白い封筒に「献金」「記念献金」などの表書きで渡します。献金ですから、金額は白由なのですが、これも信者と教会との関係の深さなどに左右されるようです。ただし、教会を式場として借りた場合、規定があればその料金を、なければ謝礼に含めて包みます。牧師や神父への謝礼は、献金とは別に「御礼」として贈ります。
 目安としては、東京で10万円程度で、オルガン奏者や聖歌隊へも5千〜2万円程度を包むことが多いようです。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク