キリスト教式の葬儀

 キリスト数式の葬儀は、故人が属していた教会で、神父(カトリック)や牧師(プロテスタント)のもとでとり行われます。仏式の通夜にあたるものとしてプロテスタントでは前夜祭があり、納棺式を兼ねて棺前祈祷会が聞かれます。カトリックでも通夜式を行い、故人を追悼します。式後には、仏式の通夜ぶるまいのように、弔問客をもてなしますが、カトリックでは茶菓程度、プロテスタントでも茶菓に軽い食事程度です。お酒類は出さず、静かに故人をしのぶとされています。

スポンサーリンク

 また、仏式や神式では、葬儀は故人の身内など親しい人たちでとり行い、一般会葬者は告別式に参列しますが、キリスト教式では、一般会葬者も葬儀から参列します。
 祈祷などの後、お棺の前に設置された献花台に花を捧げます。これを献花といい、死者との別れのあいさつを意味します。
 不祝儀袋は、市販されている十字架やユリの花が描かれている袋のほか、白無地袋でもかまいません。のしや水引は不要です。表書きは「御花料」「お花料」など。カトリックでは「御ミサ料」「御弥撒料」、プロテスタントでは「忌慰料」といった表書きも使います。
 キリスト教式では、食べものなど供物は供えません。供花は生花だけで、白い色のものを飾ります。最近は、白い花をメインとしつつ、淡い色の花も混ざっているようです。
 なお、供花には名刺か小さな名札を添えますが、飾るときには名札をはずしてしまうので、名刺やカードを封筒に入れておくとよいでしょう。
 供物は供えません。供花も、生花だけしか飾らないので、花輪などは不要です。その他、神式同様、お悔やみのあいさつでは仏教用語を使わないよう気をつけましょう。
 献花は式が終わってから行います。献花の際には、祭壇に用意されている花を渡されますから、花の部分が右にくるようにして受け取りましょう。それを献花台に捧げますが、牧師または神父、喪主・遺族、近親者、一般参列者の順で行います。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク