神式の葬儀

 神式では、仏教の通夜にあたるのが「通夜祭」、葬儀・告別式にあたるのが「葬場祭」になります。神式では死をけがれとみなすため神社では行わず、自宅または斎場へ神官に来てもらって行います。
 祭式に入る前には、「手水の儀」といって、水でお清めをします。神社へお参りする前に手と目を清めますが、これど同じく、ひしやくで右手、左手の順に水を注ぎ、次に左手で水を受けて目をすすぎます。
 席順は仏式同様、祭壇に向かって右側に神官や親族、左側に友人や知人が座ります。
 神官がお祓いをして供え物を捧げ、祭詞を唱えます。祭司の間は、参列者全員が頭を下げています。続いて親族から順に玉串を捧げ、拝礼をします。

スポンサーリンク

 このように神式では、仏式での焼香の代わりに、玉串奉奠といって玉串(榊)を供えますが、不祝儀袋の表書きも「玉串料」「御榊料」などとします。「御霊前」でもかまいません。水引は結び切り、色は白黒、双銀、双白などで、のしはつけません。
 神式の場合は、供物に線香や抹香は供えませんが、食べものやお酒を供えます。魚や鳥などを供えることもありますが、重なっても困りますし、飾り方にも独特のしきたりがありますから、現金を包むほうが無難です。供物の表書きは、「御供」「御供物」「御霊前」などとします。仏教用語は避けるお悔やみの言葉には気をつけましょう。
「冥福」「供養」「成仏」などは仏教用語ですから避けるよう注意します。
 また、数珠も使いませんから、待っていく必要はありません。
 なお、市販の不祝儀袋ではすの花模様のある袋は仏式用で、神式には不適切です。
 神式では、参列者が順に玉串を捧げます。玉串を受け取るときは、両手で下から捧げもつ形でいただいた後、右手を上から持ち変えます。祭壇の前に進んだら、写真をみておじきをしますが、このとき玉串を胸の高さから下げないようにします。それから、玉串を霊前へ供えます。拝礼は、二礼してから2回拍手をしますが、拍手は「しのび手」といって音をたてないで打つのがマナーです。
 なお、お米を捧げる場合もあり、これを洗米といいます。
 玉串(榊)の葉の表側を上に向け、左手を下から、右手は上から持ち、根元が右にくるようにします。祭壇の前で一礼した後、根元を手前にして玉串を立てます。左右の手を持ちかえて、時計まわりに回します。左手を下から添え、霊前に根元を向けて、玉串を捧げます。下がって二礼、しのび手を2回打ち、最後にもう一度礼をしてから下がります。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク