仏式の葬儀

 香典とは本来、抹香や線香などの香を供えること、または置く台を意味します。故人のための香の代金ということなら、お香料という呼び方がふさわしいでしょう。

スポンサーリンク

 不祝儀の表書きとしては「御霊前」がどのような宗派でも使え、仏式でもよく見かけるものですが、四十九日を過ぎると「御仏前」となるので気をつけてください。その他、仏式の表書きには「御香料」「御香華料」のほか、「御香典」を「御香奠」と略さずに書くこともあります。なお、「御悔」は、通夜に金品を供えるときに使います。水引は結び切りで、これの変形のあわじ結びも用います。色は白黒が一般的ですが、双銀、双白、青白もあります。
 故人へ供える花を供花といいます。供花には花輪と生花があり、花輪は会社や団体など公的な立場から贈ることが多く、親族や親しい友人の場合は、生花を贈るとよいでしょう。ただし、供花や供物を辞退する喪家もあるので、事前に確認しておくことが必要です。
 花輪や祭壇に飾る生花を贈る場合は、先方の葬儀を請け負った葬儀社に頼むとよいでしょう。通夜や葬式の前に届くよう、早めに葬儀の世話役に葬儀社の連絡先を聞き、手配しておきます。代金の表書きは「御花代」として、不祝儀袋か白無地袋に入れて渡します。花束やアレンジメントを贈る場合は、花屋に頼むと不祝儀用の包装にしてくれます。花は、故人が生前好んでいた花か、白い花を使ったものにします。
 供物を贈る場合、正式には奉書紙で包み、白黒か双銀の水引をかけ、表書きは「御供物」「御供」とします。品物は、線香、ろうそく、果物、お菓子などで、生ものは避けます。故人の好んだ食べものを贈ってもよいでしょう。
 なお、香典も渡す場合は、線香の箱など供物の上に香典をのせてさし出すと、ていねいな感じを与えます。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク