不祝儀の贈り方

 通夜や告別式では、亡くなった人へ現金や品物を贈ります。贈る現金を香典と呼ぶことが多いのですが、本来、香典という言葉は仏式だけの呼び方です。宗教によって不祝儀袋の表書きも違ってきますから、事前に問い合わせておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

 ただし、どの宗教でも、不祝儀にのしは不要です。また、水引は仏式と神式では結び切りを、キリスト教式ではかけません。表書きは薄墨で書きます。「御霊前」という表書きは、どんな宗教にでも使える便利なものですが、はすの花が描かれている袋は仏式専用なので、市販の不祝儀袋を求めるときは注意しましょう。
 供物や供花を贈る場合は、花屋などにその旨を伝え、白黒のリボンや水引で不祝儀用の包装にしてもらいます。
 なお、死亡通知書に「ご厚志ご辞退」とあったら、香典や供物、供花は辞退したいという意味です。
 不祝儀は、通夜か葬式のときに持参しますが、両方に参列する場合は、先に拝礼する通夜のときに贈ります。通夜の前、とりあえず弔問に訪れるようなときは、持っていかなくてよいでしょう。
 不祝儀袋は、ふくさに包んで侍っていきます。包み方は、慶事と弔事では逆ですから、気をつけましょう。
 本来、不祝儀は霊前に直接供えるものですが、現在では、受付で渡すのが一般的です。渡す際には、ふくさをはずしてから、受付の人に向かって正面になるようにし「ご愁傷さまです」とあいさつをしてさし出します。その後、記帳をしたら拝礼に向かいます。受付のない場合は、直接、霊前に供えます。このときも、霊前に向かい、正面になるようにして置きます。
 亡くなった人とのおつきあいの程度によっても異なりますが、一般に、目下の人へは厚く、また、故人が一家の経済的支柱だった場合も多めに包むようです。
 不幸に対して用意していたかのように受け取られかねないため、新札は使わないといいますが、ヨレヨレの古いお札よりは、清浄なお金を贈る意味で、新札のほうが望ましいと思います。気になるなら、新札を1度折ってから使うとよいでしょう。
 また、通夜ぶるまいはこの世での故人との最後の食事なので、断ってはいけないといわれています。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク