医師へのお礼

 ふだんから家族ぐるみでかかっている主治医や、困難な治療や手術を手がけてもらった医師に対しては、多くの人が、診療費とは別にお礼の金品を贈っています。また、専門医を紹介してもらった場合も、紹介の労に対してお礼をする場合が多いようです。ある調査によると、これまでに医師へお礼をしたことのある人は80%おり、回答者の約半数が「医師への謝礼はお世話になったのだから当然」と答えています。
 しかし、最近では、謝礼を断る病院も増えており、とくに国公立系の病院では、無理に手渡すとかえって迷惑をかける場合もあるようです。

スポンサーリンク

 手術をしてもらう医師への謝礼は、手術前に渡すべきか、それとも後にするか迷うところです。関西では手術前に、関東では後で渡すケースが多いともいわれますが、一般的に退院時に渡すことが多いようです。
 また、お中元やお歳暮として贈ることもあります。
 医師への謝礼は、病気の重さや入院の長さなどによりますが、2万〜3万円というのが多いようです。どの程度のお礼を包めばよいのかわからないときは、患者さん同士で時報交換したり、付添いの人に聞いてみるのもよいでしょう。
 贈られてうれしい品の1位は商品券やギフト券。現金は受け取れないという医師も、図書券は高価な医療関係の本が買えてうれしかったという声も聞かれます。また、病院で使うスリッパなどの日用品や、花をたやさず届けるといった贈り物は、感謝の気侍ちも印象深く伝わります。そのほか、健康を取り戻した患者から、自作の絵や工芸作品などを贈られるのもうれしいそうです。
 逆に、贈られて困る品物としては、タバコやアルコール。最近ではタバコの贈り物はあまりみかけませんが、ウイスキーなどの酒類は、お礼としてよく用いられる品物です。しかし、禁煙をしている人もいますし、酒類は銘柄など本人の好みもあるので、贈るならビール券などギフト券のほうが無難です。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク