引っ越し

 基本的に、引っ越しする人へのお祝いは必要ありません。ただし、親しい間柄なら餞別を贈ったり、仲間で送別会を設けたりすることもあります。また、新居を購入した場合は新居祝いを、転勤などの場合は栄転祝いなどを贈ることになります。荷物の片づけや引っ越し当日の手伝いはとても助かるものです。はなむけの気持ちを、労力提供で伝えるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

 餞別は現金でも品物でもかまいませんが、品物にする場合は、引っ越しの荷造りが終わる前に渡すようにしましょう。
 餞別で多い額は3千円、続いて1万円、5千円となります。親戚ならば、1万〜2万円が目安でしょう。何人かが集まって贈れば、ひとりあたりの額は少なくても、まとまった金額を渡せます。品物を贈る場合は、記念となるような品を選びましょう。たとえば、その土地の工芸品などは、いつまでも思い出となって残ります。送別会を開くなら、子どもも含めて何組かの家族で行うと、ほほえましいお別れの宴になるでしょう。
 引っ越しのあいさつは、1週間前ごろから前日までにすませておきます。あいさつまわりに配り物は不要ですが、とくにお世話になった人へは、感謝のしるしとしてなにか記念となる品を贈ってもよいでしょう。
 また、引っ越し当日は荷物や人が行き交い、うるさくなります。近隣の人や、集合住宅なら同じフロアの人、管理人さんなどへ前もって断っておきましょう。引っ越し後のゴミの処理もお願いしておき、転居後、新住所の報告とともにお礼の品を送ります。
 餞別へのお返しは、基本的に必要ありません。ただし、引っ越し当日に手伝ってくれたり、子どもをみてくれた人など、とくにお世話になった人へは、転居先の特産品に礼状を添えて贈ったり、新居に招いて、感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。
 あいさつまわりの範囲は、一軒家なら、向こう三軒両隣りが目安です。
 引っ越し当日か翌日にはまわりますが、その際、名刺代わりに先方が負担に感じない程度の品を渡します。500円ぐらいの予算で、はがき10枚、せっけん、テレホンカード、タオルなどが多いようです。あいさつはなるべく全員そろって伺いたいもの。家族紹介のメモを添えるのもよいでしょう。
 お礼は、ひとり千〜2千円を目安に、人数分をかけた金額をまとめてチーフの人に渡します。人数が多いときは、5千円程度の現金に、ビール券などを添えてもよいでしょう。略式の祝儀袋か白封筒に入れ、表書きは「寸志」とします。引っ越しにかかる前に渡しましょう。

冠婚葬祭
贈答の目的/ 贈答を送るタイミング/ 贈り物をいただいたらお礼を/ 水引・のし・表書き/ 婚約を表す形/ 結納品と結納金/ 結納の取り交わし方/ 挙式の引き出し物とお返し/ 結婚式でお世話になった人へのお礼/ 仲人へのお礼/ 新居の近所へのあいさつまわり/ 結婚祝い金/ 結婚祝い品/ 仲人からのお祝い/ 出産祝い/ 出産祝いのお返し/ お七夜と命名の贈答/ お宮参りの贈答/ 初節句の贈答/ 初誕生日の贈答/ 七五三の贈答/ 入園・入学祝いの贈答/ 卒業・就職祝いの贈答/ 成人祝いの贈答/ 結婚記念日の贈答/ 長寿祝いの贈答/ 誕生祝いの贈答/ お年賀とお年玉/ バレンタインデーの贈答/ 母の日と父の日の贈答/ クリスマスプレゼント/ お中元とお歳暮/ 新築祝い/ 開店・開業祝い/ 昇進・栄転祝い/ 定年退職祝い/ 受賞・当選祝い/ 発表会・展覧会/ 病気見舞い・けが見舞い/ 快気祝い/ 災害見舞い/ 陣中見舞い/ 訪問の手土産/ 季節の贈り物/ 帰省の手土産/ 引っ越し/ 医師へのお礼/ 先生へのお礼/ 心づけ・チップ/ 外国人へのプレゼント/ 不祝儀の贈り方/ 仏式の葬儀/ 神式の葬儀/ キリスト教式の葬儀/ 僧侶・神官・教会へのお礼/ 葬儀で世話になった人へのお礼/ 香典返し/ 年忌法要/ 法要のお礼/ 形見分けと新盆/

        copyrght(c).冠婚葬祭専科.all rights reserved

スポンサーリンク